スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒しの空間 Jardin Albert Kahn 

ブーローニュの森近くにある街ブーローニュ・ビヤンクール。
ここにある 『Jardin Albert Kahn(アルベール・カーン庭園)』 は一見の価値ありのとても
素敵な庭園。
アルベール・カーンとは銀行家であり、生涯にわたって平和のために活動した人でもある
そうです。
135845(1).jpg
この庭園の面白いところはいくつかの異なるタイプの
庭で構成されている点。
こちらはフランス式庭園の中にたつ温室。
バラ園や果樹園もあります。(写真下)



142847(1).jpg 142815(1).jpg 142600(1).jpg
133510(1).jpg
写真はないのですが、イギリス式庭園と自然のままの森も。

でも何と言っても素晴らしいのは日本庭園でしょう。
日本を愛してやまなかったカーン氏が造らせたのはとても
本格的なもの。
パリにもいくつか日本庭園と名のつくものがありますが、
これはその比ではありません。
まるで日本にいるみたい。パリにこんな所があったなんて!

132624(1).jpg132752(1).jpg
132743(1).jpg 134529(1).jpg
134013(1).jpg 134546(1).jpg
ついつい写真が多くなってしまいました。
茶室(写真下)もあって、ここで裏千家のお茶会が開かれていたそうです。

143412(1).jpg 134735(1).jpg
どの季節に訪れても、美しいお庭の数々に心が癒される事でしょう。
スポンサーサイト

ヴァンセンヌの森と移動遊園地 

今週は土曜日出勤の為、本日がオフ。
というわけでヴァンセンヌの森に行ってきました。
パリの東側に位置する広大な森。その広さ995ヘクタール!(って一体どれくらい?笑)

143547(1).jpg

メトロ1号線終点のシャトー・ドゥ・ヴァンセンヌ駅を出るとすぐ『ヴァンセンヌ城』が見えます。
長い間フランス王家の住まいであったようだけど結構地味なお城でした。



150830(1).jpg 152513(1).jpg
お城を抜けるとそこは一面森。
平日だからかお散歩している人もおじいちゃん・おばあちゃんが多く、のどかな感じ。
森の中には写真のドーメニル湖の他、動物園もあります。

153832(1).jpgそして今日ここに来た一番の目的。
それはヴァンセンヌの森で行われている
『FOIRE DU TRONE(移動遊園地祭)』
3月の終わりから2ヶ月間、フランス中から
遊園地が集まってくるのです。
遊園地? 子どもだましじゃん、
と侮ることなかれ。
957年から続く伝統的イベントで今年でなんと
1050回目。
10ヘクタールの会場に360ものアトラクションが勢ぞろ~い。

154317(1).jpg 154006(1).jpg
まぁ雰囲気は後楽園遊園地か花やしきといったところ。
写真左はフランス版お化け屋敷!? あんまり恐そうじゃないよ~。
食べ物屋さんもいっぱい。子供たちに一番人気はワタアメの様子。
日本もフランスも一緒ですね♪
色とりどりの飴を発見(写真右)。びよ~んと伸びます。
見た目は綺麗だけど食べる気はおきません・・・

162134(1).jpg観覧車からとった遊園地と森の風景。
これはごくごく一部で本当に広い!

そしてフランスの観覧車、とっても速いです。
日本のように10分くらいかけて1周するのでは
なく、高速で5周程。結構恐かったです。
というか高所恐怖症なので真ん中の棒にしがみついて景色は見てない・・・
観覧車乗った意味ないかも (^^ゞ
とりあえずカメラはゴリちゃんに託しました。

ヴァンセンヌの森での移動遊園地祭は5月28日まで。
興味のある方はどうぞ♪
http://www.foiredutrone.com/



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。