スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

La Patisserie PIERRE GAGNAIRE (パティスリー ピエール・ガニェール) 

フランスの3つ星レストラン『ピエール・ガニェール』のデザートカフェへ行ってきました。
新宿高島屋の4階、落ち着いたフロアにあります。
デパートの中といっても席はゆったり、スタイリッシュな空間でさすがガニェール。
青山にアジア初のガニェールレストランがありますが、デザート専門は世界初だそうです。

022258(1).jpg 023505(1).jpg
頂いたのは
~青山「ピエール・ガニェール・ア・東京」スタイル3皿構成のデザート~
というもの。
ケーキの単品もあるけれど、せっかくなのでレストランのデザートから3品コース仕立てで出てくるこちらにしました。

まず1皿目は桃のコンポート(写真左)
3皿出てきたので「この3つなのかな?」と思ったら、これ全部で1皿だそう!
甘さ控えめのコンポートに焼き菓子が添えられていました。
左上に映っている白いものはヨーグルトのムース(だったと思います)で、右上のカップ
には写真では見えないけれどコンポートを作った際のシロップが入っています。
綺麗なピンク色のシロップで、ムースにかけても良いし、そのまま飲んでも良いとの事。

2皿目はピンクグレープフルーツのジュレの上にソルベとオリーブ風味のサブレが乗って
いるデザート(写真右)
美味しかったけれど、ガニェールにしては普通っぽい気が・・・

      025004(1).jpg 021956(1).jpg 032611(1).jpg
最後はチョコ系のデザート(写真左)でした。
下からピスタチオ豆入りの生地、ピスタチオのピュレ、チョコレートのムース。
そして人参のスライスを甘く煮たものが飾られていました。ごくごく普通の人参(笑)

3皿食べるとさすがにお腹いっぱい。
フランスのレストランではこの前にたくさんの料理が出てきていたので、
思い出すだけで満腹になります。
すっかり日本に慣れてしまい、もうあの量は食べられないかも~。
予想に反してどれも甘さ控えめだったのは日本仕様!?
何が出てくるか分からない、ワクワク感もありました。
欲を言えば、ドリンク付のセットにした場合の紅茶をポットサービスにして欲しかったな。
やっぱり3皿で1杯では足りません。結局飲み物追加しました。
追加したものはポット入りだったので、ドリンク付にしないで最初から飲み物は単品注文した方が結果的にお徳かも。

写真中央は他の人が注文したフランボワーズづくしのパルフェ、右は店内の様子です。

La Patisserie PIERRE GAGNAIRE
〒151-8580 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 新宿タカシマヤ4F
TEL:03-5361-1977
http://www.pierre-gagnaire.net/index.html

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学・ワーホリへ
スポンサーサイト

神田明神下 新開花 

P1130391(1).jpg

母と和食を食べに御茶ノ水へ。
行ってきたのは創業120年の老舗『神田明神下 新開花』
「きどらず、きばらず、かざらず」をモットーに、四季折々の美味しいお料理が評判だそう。


←落ち着いた佇まいのお店



P1130402(1).jpg P1130395(1).jpg
松花堂弁当を頂こうと思っていたけれど、前日までの予約が必要との事でした。残念。
代わりにこちらの御膳を…
日本料理は本当に目でも楽しめますね~♪
どれも優しいお味で、丁寧に作られている感じです。
この他には最初にスープ、最後にデザートとコーヒーが付き、ゆっくり食べたら
すごくお腹いっぱいになりました。
フランスじゃ、こういう日本料理は全く食べる機会がなかったなぁ。
東京には美味しいフレンチいっぱいあるのに…
お庭には桜の木があるので、春には桜を見ながらお食事が出来るそうです。

神田明神下 新開花
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-8-14
TEL:03-3253-2368
http://www.shinkaika.com


restaurant PRUNIER (プルニエ)@東京會舘 

東京會舘へディナーに行ってきました。
「世界に誇れる社交場」として建てられてから今年で85周年。
実は昔、ちょっとだけここでバイトしてた事があります。
それまでは名前も知らなかったけど、両親世代の人に聞くと「あそこで食事するのは贅沢
だったのよ~」と。
バイトをしていた時に見た料理は伝統的なフレンチ。
でもまだ若かった(?)私にはなんとなく古臭く感じたっけなぁ。(ゴメンなさい)

あれから○年。
なんで東京會舘に食事に来たかと言うと、株主優待券があったから。
東京會舘内の好きなレストランで食事が出来るという券です。
日本料理や中華料理もあるけれど、折角なのでメインダイニングになっているフレンチ
レストランの『プルニエ』を予約しました。

124243(1).jpg 111141(1).jpg 111625(1).jpg
皇居前に位置する東京會舘。
ガラス張りになっているので昼間は緑が綺麗なんだろうなぁ。
今回は決められた株主優待コース。席に着くと既にメニュー表がテーブルにありました。
花柄の位置皿、素敵です。
ちょっとしたアミューズ(写真中央)の後、前菜の「海の幸のエスカベーシュ」(写真右)。

114447(1).jpg 120927(1).jpg
つづいてスープ。本当は冷製グリーンピーススープでしたが、苦手な事を伝えると
「ビシソワーズ」に変えてくれました。
メインだけは魚と肉から選べたので、私はお魚を選択。
「サーモンのポーピエット シャンパン風味のクリームソース」というものです(写真左)。
きっとこのソース、バターたっぷりなんだろうなぁと思いつつ完食!
そして最後にデザート&コーヒー。

雰囲気はピアノの生演奏もあって良いのだろうけど・・・
あんまりゆっくり出来ませんでした。
だって19時に予約したら、私たちが前菜を食べている頃に他のお客さん、みんなデザート
食べてるんだもん。一体皆さん何時から食事してるの~!?
フランスだと19時から食事なんてすごく早いのに。
メインを食べる頃には他は一組だけ。しかも既にコーヒーも飲み終わっている様子で
「お願いだから帰らないで」って心の中でずっと思ってました。
肝心のお料理は、メインは美味しかったけれど、他はあんまり印象に残りませんでした。
やっぱりどうしても古いイメージが・・・
でもこういう伝統的なレストランには昔ながらの味を求めて来るお客さんも多いだろうから、これはこれで良いのだろうなぁとは思います。
それに私が頂いたのは優待コースのお料理だから、これで判断してはいけないのでしょうね、きっと。

restaurant PRUNIER
東京都千代田区丸の内3-2-1
東京會舘本館2F
TEL:03-3215-2122
http://www.kaikan.co.jp



La Colline (ラ・コリンヌ)@アグネスホテル 

035639(1).jpg

神楽坂にあるプチホテル
『THE AGNES HOTEL AND APARTMENTS TOKYO』

大型ホテルとは違って「住まう感覚」を味わえると言う、
隠れ家的ホテルです。
その中に入っているフレンチレストラン『La Colline』へ
母とランチに行ってきました。


043434(1).jpg
レストランはロビーから続く中2階に位置し、
明るくて開放感があります。
予約しないでいったら満席だったので、
少し神楽坂をブラブラしてから再度伺いました。
女性(OLと言うよりマダムっぽい人たち)の占有率が高いです。


053320(1).jpg 054653(1).jpg
ランチは2500円・4000円・5000円のコースがあって、私たちは2500円のものを選択。
でも前菜・ポタージュ・メイン(3つから選択)・デザート・コーヒーという構成なので
充分満足できます。
前菜は魚介類を春キャベツで包んだものにオリーブのソースが添えられていました。
ガラス皿が目にも涼やかです。一口食べるとキュッと冷えていて美味しい♪
暑い外をウロウロしてから席に着いたので、この前菜は嬉しい限りでした。
つづいて南瓜のスープかと思いきや、人参の冷製スープ。
これも人参の甘みがよく出ていて◎
日本のフレンチはやっぱり日本人の口に合うなぁと実感します。

060121(1).jpg
私が選んだメインは仔羊。
帰国してから仔羊に飢えていました・・・
これは色とりどりの夏野菜と一緒に蒸し煮にしたものでポーチドエッグが添えられています。
この卵を崩し、からめながら頂きます。
すごく丁寧に作られているように感じました。


063042(1).jpg最後は嬉しいデザート盛り合わせとコーヒー。
この質と量で2500円はかなりお得ではないで
しょうか?
ユーロ高のフランスに慣れてしまったせい?
サービスの方も一皿ずつ丁寧に説明してくれ
たり、全体的にすごく感じが良かったです。
特に女性同士の会食にはピッタリな気がしま
した。

La Colline
東京都新宿区神楽坂2-20-1 
アグネスホテルアンドアパートメンツ東京1F
TEL:03-3267-5505


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。