スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お料理を公開しちゃいます♪ 

料理学校が始まって早1ヶ月。
Le Cordon Bleuでは約3時間のデモンストレーション授業(試食付)と
同じく約3時間の実習授業が組み合わされています。
でも作り方が書かれたレシピはもらえないんですよ。
材料が書いてあるだけ。
だからみんなデモの時にシェフの説明を必死でメモします。
急いで書くため汚い字になっちゃうので、家での清書が必須で大変。
でもこういう作業、結構好きなんです。
絵を加えたりして自分だけのレシピノートを作り上げるって感じで、
時々眺めてニヤニヤしたり(笑)
今日は今まで実習したいくつかをご紹介します♪

103604(1).jpg肥育鶏のポシェ シュプレームソース
鶏のフォンで炊いたご飯の上に、茹でた鶏をのせ、ホワイトソースのようなものをかけています。こういう白いソースのときは白をきれいに見せるため、鶏の皮を全部とるそうです。皮が大好物なのでシェフに見てもらうものだけ取り除いて、後はそのままにしてます。

112633(1).jpgキッシュロレーヌ
ベーコンとチーズが入ったキッシュの定番。名前の通りロレーヌ地方の名産です。ベーコンと言っても日本のようにペラペラなものではなく、ばら肉の塊を切って使ったので美味しい~。カルボナーラに入ってるあの厚切りベーコンです。



110034(2).jpg牛肉の赤ワイン煮
ブルゴーニュ地方の郷土料理なので、この日はちょっと奮発してワインもブルゴーニュの赤を合わせて食べました。ビストロでもよく注文する大好物♪




172927(1).jpg若鶏のロティ
いわゆるローストチキンです。付け合せは茹でたアーティチョークの中にいろんな野菜を詰めたもの。日本だとなかなか生のアーティチョークは見かけないですよね。味はあまりせず、ねっとりした食感が特徴的な野菜です。


105009(1).jpg鱈のポシェ 白ワインソース
肉料理が多いので魚の日はホッ。でも魚のおろし方に失敗。日本でのやり方と違うので練習しなくては!だけど魚が高いのが困り物です。


P1000183(1).jpgボワローとポーチドエッグのパイ
もちろん折込みパイ生地も手作りするのですが、真夏のような天気の日だったのでバターが溶けそうになり大変でした。





P1000212(1).jpg鶏胸肉のファルシ マッシュルームソース
中に詰め物をしたものをファルシと言います。これは胸肉を横半分に開き、その中にやはり胸肉を生クリームと一緒にミキサーにかけてムース上にしたものを詰めて焼いています。


現在通ってる初級コースは伝統的料理、中級になると地方料理、そして上級コースは
現代風のフレンチと続きます。あ~体重増加が恐ろしい・・・
これからも時々ご紹介しますね!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。