スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた蚤の市 

今度はクリニャンクールとヴァンヴをいっぺんに。
この2箇所、パリの北と南の両端にあるんです。
しかもヴァンヴは午前中が勝負。
(昼頃から店じまいする所が増え、午後はガラクタ市になってしまうとか)
どうしても先にクリニャンクールへ行きたかったので、早起きして出かけてきました!

104051(1).jpgクリニャンクールは蚤の市というより「蚤の街」
本当に広くて1日じゃまわりきれません。
それぞれの地域ごとに扱っているものも分かれているので、お目当てのものがどこら辺にあるか調べておくのが◎
私も前回の反省をいかして予習しました~。
まずはVERNAISON地区。ここは一番古くからある市だそうで、食器や銀器、ガラス、リネンなどの小物がたくさん。

103202(1).jpg 103447(1).jpg
カトラリーは本当にいっぱいで迷っちゃう。
これは勉強が必要だと、家に帰って早速アンティークの本をネット注文しました♪

道を挟んでVERNAISON地区の前にはMAILASSISとDAUPHINEがありここも要チェック。
この2つは2階建てのショッピングモールのような感じの建物で
その中に家具やアンティークのお店がたくさん入っています。
私は食関連の小物を見るのが好きなので今回はこの3つを見ました。
場所によって他にも家具、絵、本、レコードetc・・・と得意な分野があるようなので、
前もってどこら辺にあるかチェックして行く事をお勧めします。
ちなみにVERNAISON地区はメトロのPORTE DE CLIGNANCOURT駅から蚤の市方面へ
歩き、高架道路をくぐって2つ目の道を左に入って少し行くと、右手にあります。


そして急いでヴァンヴへ移動~。
規模もちょうど良く、雰囲気的にはこっちの方が好き。
何でも揃ってるし、初めてでも気軽に見て回れます。
ガラクタも多いけど、そんな所も蚤の市っぽい♪

121441(1).jpg 121743(1).jpg


150533(1).jpg

今回の収穫はウエッジウッドのコーヒーカップとたぶん花器。
カップは裏のマークから50年前くらいのものと
思われます。





クリニャンクールの蚤の市
メトロ4番線 PORTE DE CLIGNANCOURT駅
土日月 7:30~19:00

ヴァンヴの蚤の市
メトロ13番線 PORTE DE VANVES駅
土日 7:00~お昼頃(午後からはガラクタ市らしい)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。