スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタージュ無事終了しました 

100203(1).jpgスタージュ最終日。

メトロの駅からレストランへ向かう道のり。
この道をこうやって通うのもこれが最後なんだなぁ。
いつもは駆け足気味に歩いていたけれど、今日はのんびりと景色も楽しみながら・・・
そしてレストランに到着し、「今日はいつも以上に、悔いの
ないように頑張ろう!」と心に決め、いざ調理場へ。

「ボンジュール」と一人ひとりに挨拶。
順番に挨拶してまわるのはこのレストランの風習です。
これは調理人もサービスマンも洗い場の人も同じ。
この時になんとなく「今日は忙しそうだな」とか「今日はわりとのんびりした雰囲気だな」などと察知していました。
朝と夕方の仕込みの時間は「これは自分の仕事」というのものがいくつかあるので、
その仕事を行いつつ、手が空いたら他の仕事を手伝うといった感じ。
これは今日も変わらず。でも一つ一つ「これが最後かぁ」と感じますね~。
そうこうしているうちにまかないの時間がやってきて、つづいてサービス時間に突入します。
お昼のまかない、最近は時間がなくて食べられない事が多かったけれど、
最後なので堪能させてもらいました!
サービスの時間になると調理場の活気は最高潮に達します。
いや、だいたいは活気だけど、「殺気」と言ったほうが近いときも(笑)
シェフ「前菜の○○はあと何分で仕上がるんだ!」
料理人「シェフ、あと3分です!」
シェフ「3分? 遅すぎる! あと1分で仕上げろ!! 分かったか~!!!」
料理人「ウィ、シェフ!」
といった具合で、みんなバタバタと、でも丁寧に仕上げていかなくてはいけません。
そして無事サービスの時間が終了すると後片付けと掃除をして終了。
最終日もいつもと同じように時間が過ぎ、そして終わってしまいました。
最後に1人ひとりお礼を言いにまわって、私のスタージュは本当におしまい。

大変だからとすぐ辞めてしまう人も多いと聞いていたスタージュ。
噂を聞くと体力的にも精神的にも大変そうで、かなり不安でした。
でも初日を終えた時になんとなく大丈夫そうだな、と。
それは職場に流れる雰囲気でなんとなく分かります。
実際、料理人・サービスマン・洗い場の人たちは皆、親切で感じの良い人ばかりでした。
言葉の心配もあったけれど、分からない時は分かりやすく言い直してくれたり・・・
だから体力的にはやっぱり大変だったけど、気持ち的には平気。
楽しいと感じる事の方が多かったです。
これは本当にみんなのおかげ。
ここでスタージュ出来て心から良かったと思えます。
Le Grand Vefourの皆さん、本当にどうもありがとうございました!!!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。