スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続々 帰国前日のこと 

3日間も回想録にお付き合い下さり、ありがとうございます。
(と言っても帰国した今、ほとんどが回想録となっている現実・・・)

念願のLADUREE(ラデュレ)での時間を満喫して店を後にする。
19時半か・・・ティータイムどころか、日本だったら夕食を食べてる時間だ。
でも良かった、ここはパリ。日没までまだ充分時間が残ってる。

163442(1).jpg 190126(1).jpg
シャンゼリゼ大通りをゆっくりの~んびり歩く。
いつもだったらサッサと歩いていたけど。そもそもシャンゼリゼには何回来たろう?
考えてみたら来るのは何かのイベントがある時くらいで、数えるくらいしか来ていない。
シャンゼリゼ=観光客というのは正しいかも。
な~んて最後に少しパリジェンヌ気取りするのを許して下さい♪

194021(1).jpgそれからエッフェル塔を見る定番にしてベストスポットの
シャイヨー宮へ。シャンゼリゼと違ってエッフェル塔は
本当に幾度となく見たなぁ。
自宅近くで見えるというのもあるけれど、
ナイススポットがたくさんあるからいろんな所でいろんな
表情のエッフェル塔を見る事が出来ました。
青空の下のエッフェル塔、本当にキレイ。
エッフェル塔を見ていると励まされるというか、
力が沸いてきます。
今日は2人とも少し感傷にふけってしまったかな。

194847(1).jpg
でも、また戻ってくるでしょう。
その時こそはエッフェル塔の一番上まで登って(途中までしか登ったことないのです)
一面に広がるパリの景色を眺めたいなぁ。
名残惜しいけれど、そろそろ帰らなきゃ。
(写真は真下からエッフェル塔を見上げたもの)

家に帰って夕食の用意をしよう。エッフェル塔を
後にした時点で21時過ぎ。はっきり言って疲れているし、今から料理作るの少し(かなり)
面倒くさい。でも。
パリ最後の夜だ! 今日のためにフォアグラやカエル、いつもより良い生ハムを用意したし、ブルゴーニュ旅行でたくさん試飲をして選んだワインも残してある。
残りの食材をスーパーで買い、荷物の重量を測るために借りていた体重計を近所の友人宅に返しに行き(助かりました~ありがとう)、それから料理開始。
友人には「え~今から準備するの!? もう22時過ぎてるよ。よくやるね~」と言われましたが、自分でも今回はさすがに「よくやるな」と思いました。半分意地です(笑)
なんとか23時半から食事スタート。まずは冷たい前菜から・・・
と思いきや、キャンドルがない。荷物にしまい込んじゃったんだ。
ここまでやったら妥協は出来ない、とせっかく詰めた荷物をひっくり返してキャンドル発見♪ しきりなおして「フランス生活楽しかったね。乾杯~」となったのでした。
ちなみにメニューは
前菜(冷):シャルキュトリー(ハム類)盛り合わせ(ボンマルシェで購入)
前菜(温):カエルのポワレ リゾット添え
スープ :ポワローのポタージュ
メイン  :フォアグラのポワレと鴨のコンフィ(コンフィは出来たものを購入)
以上です。
写真はキャンドル1つの下で撮ったので暗すぎました・・・(ガッカリ)
レストランっぽく一皿ずつゆっくり食べたので気づけばあっという間に夜中の1時。
1時って事はエッフェル塔がキラキラしてる時間だ!
5階に住んでいるというのに私たちはまたアパルトマンの外に出て、てっぺんだけ見える
エッフェル塔をしばし眺める。
10分して点滅が終わり、心おきなく部屋に戻ったのでした。
それから食事の片づけとやりかけの荷物詰めをして3時半にようやく就寝。
長い1日が終わりました。  ~完~


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。