スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリのメトロ ② 

パリのいろんな駅紹介シリーズ。
メトロ構内の壁に特徴がある駅は前回のバスティーユ駅以外にもたくさんあります。

211329(1).jpgこれはCONCORDE(コンコルド)駅。
壁と天井がタイル張りになっていて、
そのひとつひとつにアルファベットか数字が
書かれています。
何か意味をなす並べ方なのかとじ~っと眺めてみたけれど、分かりませんでした。
白地に青文字なので明るく爽やかな感じです。


173854(1).jpg
つづいてSaint-Germain-des-Pres(サン・ジェルマン・デ・プレ)駅。
壁や天井に光を当てて文字が浮かび上がる
仕組みになっています。
この界隈には人気のカフェやお洒落なお店が
多いだけあり、メトロ構内も洗練された雰囲気
です。


173018(1).jpg今日の最後はCLUNY LA SORBONNE
(クリュニー・ラ・ソルボンヌ)駅。
天井にたくさんの文字が書かれています。
これらは作家や芸術家などさまざまな著名人
のサインだそう。
写真では見づらいけれど、駅名の文字も素敵
なんですよ。
付近に有名なパリ大学(通称ソルボンヌ)がある
事を考えると、なるほど、この駅の感じは
ぴったりですね。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。