スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

La Truffiere (ラ・トリュフィエール) 

お友達がスタージュ(研修)しているレストランへお昼を食べに行ってきました。
お店の名前の通りトリュフをよく使うため夜は星付レストラン並みのお値段。
でもお昼はお得な20ユーロ! 残念ながらトリュフは出てこないけれど・・・

P1030753(1).jpg素敵なお店~。
フランス人のクラスメートもお勧めと言っていました。
地下に案内されると、
そこはまるでワインカーブのよう(!?)
かなり照明は暗めです。
まぁその方が雰囲気があるかな。


注:以下、写真が暗くてゴメンナサイ。
照明控えめのレストランだったもので・・・。
フラッシュたくわけにもいかないし。

P1030724(1).jpg P1030729(1).jpg
 食前酒を飲みながらメニュー決め。
なんかいつもシャンパンかキールを頼んでしまう芸がない私たち・・・
だってメニューに書かれている訳じゃないし、何を頼んで良いか分かんないよ~。
前菜・メイン・デザートが2種類ずつあり、それぞれ好きな方を選択します。

P1030733(1).jpgちょっとしたアミューズの後、
前菜で選んだスープ。あれれ?スープ???
2人ともジビエのテリーヌを頼んだつもり
だったのにな。
しかもメニューにスープなんてあったっけなぁ?
サービスの方が何か説明してたから、
もしかしたら「お勧めはこれですよ~」
と言ってたのかも。

私達も良く分からず「Oui~」とか言っちゃったし(笑)
美味しかったからいいけど。
でもゴメンナサイ、何のスープか分かりません。
帰りに外のメニューを確認したけど、やっぱりスープは書いてなかったです。

P1030734(1).jpgゴリちゃんが頼んだメイン。
ボラを蒸したものです。
下にひいてある野菜がソース代わりでかなり
あっさり。
野菜のもつ甘さ、旨味がちゃんと出ていました。
器も含めて日本人好みなのでは?



P1030738(1).jpg私はこれ。
牛肩肉のブレゼ(蒸し煮の一種)にしました。
付け合せのpanaisのピュレが独特の風味で
気になる!いったい何者?
家に帰って料理用語辞典で調べたところ
「アメリカボウフウ」というものらしい。
「根が料理に利用され、セロリに似た香りを持つ。香辛料として使われる他、ニンジンやカブの調理法が適用できる」との事。
セロリ嫌いだけど、これは美味しかったなぁ。ピュレ大好き☆

この後、ゴリちゃんはチーズ盛り合わせ、私はリンゴのタルト&アイスクリームを
頂きました。

ごちそうさま~。美味しかったです☆
お友達を通して頼んだからか席も良い席だったし。
私もスタージュ先、考え始めなきゃな。あ~悩みます・・・


La Truffiere
4 Rue Blainville 75005 PARIS
TEL:01-46-33-29-82


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/108-978c7078

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。