スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「GRATUIT」の誘惑 

昨日は月に一度の無料(=GRATUIT)デー。
主要な美術館が無料、そしてオフシーズンの今はいくつかの観光スポットも無料~。
フランスに来てからというもの、その恩恵を十分に受けています♪

今回行ってきたのはシテ島にある「サント・シャペル」と「コンシェルジュリー」という所。
美術館も捨てがたいけど、観光スポットが無料になるのは3月までだから先に行って
おかなくちゃ!

152434(1).jpgサント・シャペルはパリ最古のステンドグラスで知られる
教会です。
礼拝堂は2階建てになっていて、1階は王家の使用人用
の為のもので窓も小さく地味な感じ。
でも2階へ上がってみると・・・
うわぁ、一面ステンドグラスだぁ!!!
ステンドグラスが綺麗な教会はたくさんあるけれど、
ここまで一面ステンドグラスに包まれているのは
他にないのでは?
壁の部分を最小限にして残り全部がステンドグラス、
地震がある日本では絶対無理ですよね~。

昨日一緒にプチお茶会をしたフランス人のおばあちゃんも
「あの教会は見ておかなくてはダメよ。宝石なんだから」
と言ってたけれど、本当にその通り。
153356(1).jpg 153559(1).jpg
15の窓に描かれているのはキリスト教にまつわる場面だそう。
その数1000場面以上! 
日本語の解説書も置いてあったので、どの絵が何を意味しているか
主要な場面は分かるようになっています。

160637(1).jpgそしてこの教会、
最高裁判所の敷地内にあるんですよ~。
入口では荷物チェックがあるし、
入場料もかかるというのは教会では
めずらしいけど、これは一見の価値ありです。
ステンドグラスに光が差し込んでないと魅力半減なので晴れの日の昼間にぜひ!



次に訪れたのが教会のすぐ隣の建物「コンシェルジュリー」
王室管理府と訳されるそうで、3つの塔がある素敵な建物です。
(写真撮るの忘れました~)
162245(1).jpg 164824(1).jpg
でもここを有名にしているのはフランス革命時に監獄として使われていた事。
たくさんの貴族や革命家が処刑されるまでここで過ごしたとか。
そのリストの中にはマリー・アントワネットの名前もありました。
写真右は彼女の独房の様子を再現したもの。
左に見える衝立のすぐ手前には監視官がいてプライバシーはほとんどなかったようです。


今回は以上で終わり。
来月はどこにするか早くもワクワクします。
もし皆さんがフランスに来る際、第一日曜日が含まれていたら要チェックですよ~。
GRATUIT=無料、これキーワードです☆


スポンサーサイト

コメント

本当に素敵な所ばっかりですね~v-238
ステンドグラスは本当に宝石のよう!!
実際に見たら鳥肌が立ちそうですね。
そしてフランスの歴史にも触れられる
のもいいな~と思いました。

悠さん お久しぶり!
いつも楽しんで見ています。
今度のプロフィールの写真とてもいいですね。
遠くにモン・サン・ミシェルの修道院のシルエットとそこに続く一筋の道、今の時期にしてはグリーンがきれいですよね。そんな場所に立つ真冬スタイルの悠サンの後ろ姿にワクワクした春のような気持ちが現れています。カメラマンの腕がいいのかな?。。。
島内への2㎞の道のり、ずっとこの景色が続くのですか?私も歩いてみた~い。 でも寒いのかな。。。。

v-259林檎ちゃん
本当にパリの街は素敵ですe-266
緑も多いし、セーヌ川が流れているのも雰囲気UPe-265
6月にパリで会えるかな?

v-259なでしこ 空さん
お久しぶりですe-499
プロフィール写真気づいてくれたんですね!
ワクワクして歩いている雰囲気が出るポーズだけとって、
実は止まっています(笑)
カメラマンもダメ出しをされながらも頑張ってくれましたよ~e-291
隣に舗装された道路もありましたが、こっちの方が気持ち良さそうだったので
私たちはこっちを歩きました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/122-d01b11a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。