スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワインのお勉強に・・・ 

115823(1).jpg 120830(1).jpg

ついに買っちゃいました『LE NEZ DU VIN(ル・ネ・デュ・ヴァン)』完全版!!!
それぞれ12瓶入りの赤ワイン版と白ワイン版はフランス旅行のお土産に買って持っていたけれど、今回購入したのは全54種類の完全版。

日本の我が家に遊びに来てくれた皆様の中には既に体験した(体験させられた!?)方も
いらっしゃるけれど、簡単にご紹介。
「NEZ」とはフランス語で「鼻」を意味し、これはワインの複雑な香りを嗅ぎ分ける訓練用に
開発された香りの標本といったところ。
ワインの香りを表現するとき「カシスなどのベリー系の香り」とか「湿った土の匂い」などと
例える事がありますよね?
でも実際カシスってどんな匂いなのか意外と分からない。
しかもいつも同じような表現しか出来ないので、これを使ってお勉強って訳。

121440(1).jpg写真はオレンジ、トリュフ、カシスの瓶。
実際の香りと比べて、かなり濃縮したというか強いにおい。

香りの勉強としてだけでなくゲームとしても楽しいですよ。
ホームパーティーなどで皆で当てっこすると結構盛り上がるんです。






ところで、この『Le Nez du Vin』、臭い匂いシリーズもあるとか!?
硫黄、カビ、腐った卵、熟れ過ぎたリンゴ・・・etc
ケースを開けたら既に匂ってきそうですよね(笑)
でもちょっと嗅いでみたかったり・・・
そういえば以前買った『Le Nez du Vin 赤ワイン版』にはスカンクの香りも入ってたっけ。
あれも強烈だったなぁ。


スポンサーサイト

コメント

遊びに行ったときにご披露してもらたやつだよねe-420
12種類でも難しかったのに
54もあったら途中で何がなんだか
解らなくなりそうe-12
でも日本に戻ったらぜひチャレンジさせて下さいe-51

お久しぶりです!!
私のお母さんはソムリエでソムリエを教える先生もしてるのですが、その学校にこんなのあります↑↑
写真に写ってる本はフランス語ですか??
フランス語の説明をよめるなんてすごいですww

v-272かよちゃん
そう、例のアレです♪
何度も嗅いでると鼻が麻痺して分からなくなっちゃう。
最初の印象が大事って感じ。
ぜひチャレンジしてみてね。

v-272ショック大バーゲンさん
女性のソムリエさんなんて格好いい~。
いわゆるソムリエールってわけですね♪
この標本、フランス語だけでなく英語やなんと日本語版もあるんですよ。
でも最近リニューアルされたのに日本語版だけは古いままだったので、
フランス語版にしちゃいました。
解説も新しいほうが分かりやすそうだったし、
古いとなんか匂いがとんでそうなイメージもあって(笑)

悠さん こんにちわ。
このセットすごいですね!なんだかカワイイ♪

私がソムリエ試験を受けたときの勉強はひたすら「飲む、飲む、飲む!!」といった感じで品種の特徴を覚えていきました。若かった。(笑)

時々オモシロイ香りにも出会いますよね。今やビオワインの大家になった某造り手のワインを飲むと、私は「永谷園のマツタケのお吸い物」の香りを感じてしまいます。

ワインも本当に楽しい。美味しいお料理とワインの素敵な出会いは至福の時間ですよね♪

美味しいワインに見合うお料理を作れるように、料理の腕も頑張って上げていきたいと思う今日この頃です。

追伸:悠さんのblogを私のblogでリンク貼らせて頂いてもよいでしょうか?

v-272seiさん
このセット、奮発して買っちゃいました~。
フランスは日本よりずっと安くワインが手に入るので、
住んでいる間に買ってワインの勉強に役立てたかったんです。
ワインエキスパートの試験にもちょっと興味がありますが、
莫大な暗記量におじけづいてます^^;
seiさんはそれをパスしたのですから本当にスゴイですっ。
リンクの件、ありがとうございます。
私も早速貼らせて頂きました♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/158-4f121eed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。