スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな旅 ~Versailles~ 

毎月恒例の第一日曜無料デー。
来月からも美術館は引き続き無料だけれど、観光スポットが無料なのは今回が最後。
「絶対ヴェルサイユ宮殿へ行くぞ!」と先月から意気込んでいたのに、
起きたらお昼過ぎ。ひぇ~っ。
前日にワイン会があって寝るのが遅かったからかな?
何はともあれ、ヴェルサイユを無料で見れるのはこれが最後の機会なので、
そそくさとお昼ごはんを食べ、出かけてきました。

145955(1).jpgフランス栄華の象徴、ヴェルサイユ宮殿。
フランス中から建築家、彫刻家、造園家などが集められ、また何万もの労働者が駆り出されて半世紀かけて完成したとか。
でも結果的にこの贅沢がフランス革命を引き起こし、王政破滅へと繋がったんですよね・・・
写真は宮殿ではなく、ヴェルサイユ市庁舎です。城下町にふさわしい立派な建物。

駅から宮殿へ向かう途中には、他にも当時の栄光を思わせる建物が数多くありました。

181031(1).jpgさぁ見えてきましたヴェルサイユ宮殿!
ここに来るのは約10年ぶり。
やっぱり大きいなぁ。
全体を入れようとすると写真がかなり小さく
なってしまいました。でもこれは序の口。
宮殿の裏には本当に広大な庭園が広がって
いるし、その奥には離宮も。
ぐるっと見て回るには1日かかっちゃう。
でも悲しいかな既に15時。
閉館時間を考えると当然見切れません。やっぱり出だしが遅すぎました。
今回は泣く泣く宮殿見学をあきらめて庭園の一部と離宮を中心に見ることにしました。
(えっ?ここまで来て肝心な所(宮殿内部)を見学しないの?と自分でツッコミ 笑)

174621(1).jpg 180602(1).jpg

152003(1).jpgそんな訳で宮殿は外側から見学です~。
宮殿側から見た庭園はこんな感じ。
写真のずっと奥までぜ~んぶ。
夏になると庭園内にたくさんある噴水が
宮廷音楽とともに次々と吹き上げえるショーが
行われます。
池もあるし、緑も綺麗なので夏がお勧め♪


153428(1).jpg 154347(1).jpg
155020(1).jpg何故か中世の衣装を着た人や、ほのぼの羊さんの群れを見つつ、向かったのはトリアノン(離宮)。大小2つの離宮があるうちまずはプチ・トリアノンへ。
ここはマリーアントワネットお気に入りの館。




162658(1).jpg 161735(1).jpg
その後ろに広がる庭園の先には可愛いワラブキ屋根の家が建ち並ぶ「村里」がありました。王族達はここでのんびり過ごすこともあったとか。
写真左の一番大きな建物は「王妃の家」で、写真右は「水車小屋」です。
豪華な宮殿の奥の方にこんなのどかな場所があるとは今日まで知りませんでした。

171119(1).jpg 164329(1).jpg
最後はグラン・トリアノン。
ルイ14世が寵姫と過ごすために建てた大きな離宮だそうです。
ピンク色の回廊が素敵。もちろん内部は超豪華~。(写真右は寝室)

180004(1).jpg見学の後はまた広い庭園を歩いて戻ったので
ちょっと疲れたけれど、
宮殿に着いたらちょうど夕日が綺麗な時間。
夕日に照らされて宮殿もまた違った雰囲気に♪
今度は絶対中を見に来よう。




でも、残念なことに現在ヴェルサイユ宮殿は大掛かりな修復工事中(終了は2021年?)。
だから写真を撮るのが難しい所も。
この写真も工事中のところを隠すため、わざと銅像を手前にして撮ってみたり^^;


ヴェルサイユ(イル・ド・フランス地方)
RER C線 終点Versailles Rive Gauche下車 宮殿まで約600m
または国鉄Montparnasse駅からVersailles Chantiers下車 宮殿まで約1km



スポンサーサイト

コメント

ヴェルサイユ宮殿は相当に広いようですね。時間がなくて肝心な内部を見学
できなかったそうですが、次の楽しみにとっておきませんか?v-433

e-497つるさん
宮殿自体広いですが、その奥に広がる庭園がこれまた本当~に広いんです。
でもすごく素敵なので、訪れた際にはぜひ庭園も見てみて下さい♪
パリ中心部からたいして遠くないので、また行ってきます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/166-4d7e5cf5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。