スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デザートをちょっとだけ PartⅢ 

最近、実技試験のことばかり考えてる毎日。
試作してみると、頭の中で考えていたような感じにならなくてガッカリしたり・・・
あ~でもない、こうでもない、と考えてるとちょっぴり老化した(!?)頭はパンクしちゃう~。
そんな時は大好きな甘いものをたっぷり食べながら考える事に。

そんな訳で今日は上級コースで習ったデザート達をちょっとだけ。
製菓コースではないので、わりと簡単に出来るものばかり。

144047(1).jpgオレンジの中身をくり抜いてベリー類をたっぷり詰め、シブーストクリームを絞って表面をキャラメリゼしたもの。
シブースト大好きだけど、
カスタードクリームに泡立てた卵白を合わせて
作るとは知らなかったφ(..)メモメモ

102724(1).jpg

チョコレートクリームに生クリームをのせ、
キャラメルの飾りを添えて。
生クリームの中にも、そして表面にも粗引き
胡椒がかかってます!
でも相性◎でした~。

144810(1).jpg

苺のスープにヨーグルトソルベとサブレをのせただけ。
このスープ、生姜風味なので甘すぎない。
簡単なデザートでも器と盛り方でレストラン風になるんだなぁ。

141615(1).jpg

下からキャラメル、タピオカ、苺、生クリームの
順にグラスに入ってます。
飾りはアーモンドをキャラメルでコーティングしたもの。


143751(1).jpg

JALOUSIEという名前のデザートだそう。
初めて聞く名前。
マンゴー、パパイヤ、キウイなどのフルーツの
上にサバイヨン(カスタードソースのようなもの)
をかけ、パイをのせました。
パイが七夕飾りのような感じで可愛い♪

142928(1).jpg
パンデピス(香辛料とハチミツが入ったパン)、
マンゴー、パイナップルをヴァニラのさやに刺し、フライパンでさっとソテー。
これにはココナッツソルベを添えて。


181221(1).jpg


最後に製菓コースの作品をどうぞ。
左がフランスのウェディングケーキの定番、
クロカンブッシュで右が飴細工。
これはシェフが作ったものだけれど、
これと同じようなものを生徒も作ります。
すごいですよねぇ。




スポンサーサイト

コメント

製菓コースでなくとも充分綺麗で美味しそう!
デザートは、見ただけで幸せになれる盛付けセンス・・それが半分、味が半分かしら。
デザートに胡椒や生姜風味って、意外性がありますね。
フランスの定番ウエディングケーキってシューが貼り付けてあるものですか?
きっと何か意味があるのでしょうね。

すご~い!!食べるのが勿体ないくらい
綺麗な飾りつけですね~v-238

最近私も苦手なお菓子作りに挑戦して
るんですけど・・・レベルの違いに唖然
としてしまいます(笑)。

v-274ひろさん
ほんと、お菓子は料理以上に見た目が重要ですよね。
胡椒も生姜も意外なようで結構マッチしてました。
トリュフ入りのマカロンやエクレアなどをケーキ屋さんで見かけたことも!
クロカンブッシュはそう、小さなシューを積み上げたものです。
意味を調べてみたところ、シューはキャベツの形を表し、
農作物の豊かな収穫と子孫繁栄の願いが込められ、
幸せが天まで届くようにと、高く積み上げられているそうです。

v-274林檎ちゃん
お皿や盛り付け方の関係で手が込んでるように見えるけれど、
普通のケーキよりずっと簡単ですよ。
と言っても、面倒くさがり屋の私はあんまり家では作らないけれど・・・
林檎ちゃんは最近お菓子作りに凝ってるんだよね?
簡単で美味しいものがあったら教えてね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/168-f4df5a03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。