スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Les Elysees (レ・ゼリゼ) ☆☆  

125543(1).jpgゴリちゃん両親のパリ観光記念にと選んだのは、凱旋門近くの『Les Elysees』
今年のミシュランで見事2つ星に復帰です。
明るい雰囲気だし、シェフが日本好きだと聞いたので料理もそんなに重くないのでは?と思って。




145232(1).jpg 135336(1).jpg
店内の様子。
こじんまりとしているけれど、天井から光が入るようになっているのでとっても明るいです。
設計はエッフェル塔の建築家ギュスターヴ・エッフェルによるものだとか。
写真は帰り際に撮ったので誰もいないけれど、ほぼ満席でした。

131952(1).jpg 131737(1).jpg
席に着くと30cmはあるグリッシーニ(棒状のクラッカーのようなもの)がサーブされます。
「壊れやすいですよ」と注意されたのに私だけ見事に割ってしまいました・・・。
アミューズはクレソンのスープの上に玉ねぎのムース、サーモンが添えられたもの。
クセのない青汁を飲んでる感じ。
美味しいけど、もう少しとろみがついている方が食べやすいかも。
他にイカとエビのフリットがサーブされました。
どんどん食べれちゃう。でも、お腹一杯になってしまうともったいないのでちょっとだけに。
バターは普通の黄色いものの他に何かの粒が入った緑色のものもありました。
後で有名なバターだと知り、ほとんどバターに手をつけなかったのをちょっと後悔。

132909(1).jpg前菜はフォアグラのテリーヌ。
以前はフォアグラもテリーヌになっちゃうと
ありがたさが半減する気がしたけれど、
コルドンでテリーヌを習った時に生のフォアグラをたっぷり使う贅沢なものだと知り、ちょっと見方が変わりました。
これは1枚で充分なくらいのボリューム。
添えられているのはマンゴーのピュレ?

135617(1).jpgメインは鶏のローストでした。
付け合せはラビオリときのこ類、アーティチョーク。前菜で既にお腹一杯になっていたので
この量はつらいです。
大食いの私でも少し残してしまいました。
デザート食べられるかなぁ。
他のテーブルではすご~く大きなデザートが
出てきてるよ。

141935(1).jpg 143759(1).jpg
心配する私たちの前に出てきたのはグラスに入ったヨーグルトのソルベ。
「さっぱりして美味しいね」とホッとするのも束の間、デザート第2弾が運ばれてきました。
やっぱりさっきのはアバンデセール(先に出る軽いデザート)だったのね・・・
メインのデザートはナッツのケーキ(中からチョコレートが溶け出してきます)と生姜の
アイス。そしてプチフール4種(フランボワーズ入り抹茶のマドレーヌ、マシュマロ、
プチシュー、マカロン)でした。

どれもヘビーではないけれど、ボリュームたっぷりだったので本当に本当にお腹一杯。
結局完食したのはゴリちゃんだけでした~。
私の感想は普通に美味しいといったところ。
どれも正統派というか、ちょっと驚きがあるものが欲しかったかも。
あとは私たちのテーブルにシェフが来てくれなかったのが残念。
フランス語があんまり分からないから? それとも常連じゃないから?
まぁ全部のテーブルを回っていたわけじゃないのかもしれないけど。
今回はお父さん、お母さんが満足してくれるのが一番なので、そうであるといいなぁ。


Les Elysees (Hotel Vernet内)
25 rue Vernet 75008 Paris
TEL:01 44 31 98 98



スポンサーサイト

コメント

食べたいよ~

たくさん食べる悠ちゃんがおなかがいっぱいになるって大変なこと!
テリーヌ2切れは多いね。店の内装が豪華でお皿もきれいに見えますが確かにびっくり驚きがないのかな。夜ブログみていたらおなかがすいてきた~!

v-271marupooちゃん
私大食いだから食べきれないなんて事は本当にめずらしいです。
たぶんフォアグラがきいたな。
お店はね、思っていたより小さいよ。
アミューズや口直しに使われた小さな筒状のグラス買いたくなった~。

厳粛な雰囲気の中での食事、料理の方は専門家の悠さんと、何時も落着いている
ゴリちゃんが居るので、全く緊張することなくフランス料理を堪能しました。
十分満足しましたよ。v-271
ただ省エネ型の我ら二人にはボリュームがあって、食べ残しもありもったいないと
思います、こういう料理にも少盛りの
メニューがあればいいのになぁと思いました。

v-271つるさん
本当にボリュームありましたね・・・
今まで行った所では品数が多いから結局はお腹いっぱいになったとしても、
一皿の量はもっと少ないレストランばかりだったのでビックリです。
フランス人はあの量をペロリなのかもしれませんね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/177-7cb07f5e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。