スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Beurre Noisette (ブール・ノワゼット) 

193047(1).jpg 193322(1).jpg
久しぶりにビストロで夜ごはん。
お友達に教えてもらったところで、家から歩いて15分です♪
場所が場所だけに観光客らしき人はゼロ。
入口にはバーもあって、そこでワインと料理をちょっとだけつまんですぐ帰るという
通な人も結構いました。
夜は前菜・メイン・デザートで32ユーロ。
それぞれ6~7種類くらいから選べるし、食べてみたいと思うものが多くありました。
ビストロだから別々のものを頼んでシェアする事に♪

200019(1).jpgまず前菜はこのお店のスペシャリテという「仔牛の頭肉のポワレ」(写真)を。
柔らかくトロッとしていて美味しい!
全然クセはありません。
ビストロなのに盛り付けも綺麗ですね~。
もう1つの前菜は「ブーダン・ノワール」を選択。
これは血が入っている真っ黒なソーセージなのですが、普通のソーセージの形ではなく、
テリーヌ状になっていました。
リンゴを煮たものが添えられていて、ブーダンと相性バッチリ。

202516(1).jpgメインは結構悩んで仔羊(写真)と鳩に。
この仔羊、コルドン最終試験の課題になった
「selle d'aneau(仔羊のおしりの肉)」です。
どんな風に出てくるのか気になる!
・・・やっぱり巻いた状態で出てきました。
小さな丸いものはロニョン(腎臓)です。
付け合せはマッシュポテト。
定番だけど美味しいので、私は大好き♪
鳩も味わい深いものでした。

210620(1).jpg最後にデザート。
私はブラマンジェで、ゴリちゃんはチーズ(写真)。チーズといっても単に切ったものが出てくるのではなく、手間がかかってます。
ブラマンジェもカクテルグラスに入っていて
見た目にも良く、隣のテーブルの人が「私もあれが欲しい!」と注文した程。


このビストロ良いですね~。
前菜の前にはアミューズとして小さなスープが出てきたし、最後はコーヒーと一緒にプチ
フールまで。
ビストロ特有の気軽さはありつつ、料理は凝っていてどれも美味しい!
聞くところによると、3つ星レストランの副料理長が独立したお店だとか。
どうりでどの料理もプレゼンテーションが綺麗な訳だ。
(店内が薄暗かった為、写真がひどくてゴメンナサイ・・・本当はもっと美味しそうです)
他のテーブルを見ると、ル・クルーゼのような鍋でサーブされたり、ソースが別添えで
小さな銅鍋に入って出てきたり。
店内は満席どころか、待っているお客さんもいてとても人気があるようです。
また来たいと思わせるビストロでした。

Beurre Noisette
68,rue Vasco de Gama 75015 Paris
TEL:01 48 56 82 49


スポンサーサイト

コメント

私もここ近いから3回くらいいっています。日本から人がやってくると連れて行ったり。前回行った時には日本の女性が働いていたよ。スタージュ生かな。ここでスタージュだったらめちゃ近いね。

v-271marupooちゃん
3回ってのはスゴイね。
ここはビストロだけど家庭料理とはやっぱり違うと
感じさせる料理が多い気がしました。
日本女性らしき人いたよ!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/186-29735ef8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。