スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guy Savoy (ギー・サヴォワ) ☆☆☆ 前編 

今日はオフ。で、行ってきました、3つ星レストラン♪♪♪
本当はコルドン上級コースのクラスディナーで3つ星行けるはずだったのに、
何故か私たちの回は行けずじまい。
そんな訳で今回が3つ星デビューとなりました。

いくつか候補があった中から選んだのはギー・サヴォワ。
いろんな人の意見を聞いても皆「良かった!」と言っていたからです。

110323(1).jpg 110847(1).jpg
凱旋門の近くにあるこのレストラン、とてもひっそりとした入口で、
最初は見過ごしてしまった程。
中は思ったよりも広くて部屋がいくつかあり、私たちは奥の部屋に通されました。
ダークブラウンを基調としたモダンなインテリアにアフリカンなオブジェが飾られていて、
ちょっと変わっています。
堅苦しくない雰囲気だったので私たちにはちょうど良いかも。

席につくとすぐ、フォアグラの刺さった小さなアミューズが出てきました。
そして「アペリティフにシャンパンなどはいかがですか?」と数種類のシャンパンやら
リキュールなどが並んだワゴンを引いたソムリエさんからの甘い誘惑。
しか~し、ここは我慢。だってシャンパン1杯30ユーロ(5,000円弱!)と聞いていたからね。
スミマセン、庶民なもので(笑)

211936(1).jpgと、ここで「ムッシューから女性に・・・」
いきなりのプレゼントです。
でも、実はこれも友人から聞いて知ってたので、始めからもらえるものだと期待していたり♪
こちらのレストラン特製のお皿で、ベルナルド製のものでした。
そしてパリで料理を勉強していると伝えたら、
メニューまで頂いちゃいました。
ありがとうございます!

111703(1).jpgアミューズ2つ目はこちら。
人参のポタージュの中に・・・なんだっけ?
忘れてしまいました。
プレゼント2つに舞い上がってしまったもので~。ビックリなのはこの上のお皿を持ち上げると、
下にもお料理が隠れていた事。
アミューズとしてこういうサプライズはピッタリ
だと思いました。

112813(1).jpg 114129(1).jpg
前菜は生牡蠣とアーティチョークのスープ。
本当は一種類しか選べないのだけど、迷っていたら半分ずつ2つ出してくれました。
ここは評判どおりサービスがいいです。
生牡蠣、プレゼンテーションも綺麗だけど本当に美味しい~。
身の下にはクリーム、上には牡蠣の汁をゼリー状にしたものがかかっていました。
スープの方もなかなか。こちらはお店のお勧めの品との事。
運ばれてきた途端、トリュフの香りがふわ~っと。
添えられたブリオッシュがまたサクサクで美味しいんです。
「ぜひスープに付けて食べて下さい」って3つ星なのに懐かしい(?)食べ方。

120249(1).jpg私のメイン、スズキのグリエです。
かなり気に入りました。
だって皮がビックリするほどサクサクッ♪
カリカリ、なのではなくサクサクなんです。
聞いてみたら、ウロコを付けたまま焼いてある
との事。今度家で挑戦してみようと思うけど、
絶対失敗しそう・・・
ソースはレモンが効いているさっぱりしたもの。

120300(1).jpgゴリちゃんはお店の人に薦められるまま、
乳飲み仔羊を。
別皿でマッシュルームとほうれん草のグラタン
が添えられていました。
グラタンは日本人にはちょっと味が濃かったし、
子羊の方も普通に美味しいといった感じ。
ちょっと残念そうなゴリちゃん。


長くなってしまうので、続きはまた明日にします。



スポンサーサイト

コメント

うわぁ、美味しそう!
私もいつか行けるかなぁ?

コルドンのお食事会、まだレストラン決まってないの・・・不安感つのります。

v-271∮petit pain∮さん
今回は頑張りましたよぉ。2人だと2倍かかるので大変です・・・
周りは羽振りの良い人ばかりだから羨ましい~。
クラスディナーの場所まだ決まっていないとは危険ですね。
私達の時のように「3つ星予約取れなかった~」とならないといいのですが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/201-f517036c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。