スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀行もトコロ変われば・・・ 

私がフランスでお世話になっている銀行はLCL(ル・クレディ・リヨネ銀行)のピラミッド支店。
ここは日本人のスタッフが何人かいらっしゃるので言葉の面で安心です。
でも仕組みがいろいろ違うんですよね。日本とフランスの銀行では。
口座を作ろうと思って銀行に行っても、日本のようにその場で対応してはくれません。
まずアポイントを取る必要があります。その日時に出向いて行って諸手続きをし、後日手紙
が届いたらカードと小切手を取りにいくのです。

214933(1).jpgカードは分かるけど、小切手???
そうなんです、日本では馴染みの少ない小切手ですが、フランスでは結構使用する人が多いのです。だけど身分証明が必要だったり手間が
かかるのが難点。
スーパーで前の人が小切手を出したりするのを見ると「あ~はまった~。そんな小額で小切手
使わないでよ~」と心の中でつぶやいたり。
せっかくだから一度使ってみたいと思いつつ、
まだ使えないでいます。

それから一人ひとりに担当者が付いてくれるのも日本とは違う所。
相談があったり、解約したりする時などはその人にまたアポを取るのです。
毎回同じ方が対応してくれるので、安心感はありますね。
(注:窓口でお金の入出金をする時は特に決まった担当者ではなく、その時の窓口担当者がその場で対応してくれます)
私たちを担当してくれている人はのんびりとした感じの人。そしてちょっと面白いです。
先日用事があって銀行に行った際、その用はあっという間に済んでしまいました。
そしたら担当者の方、「せっかく来てもらったのにすぐ終わっちゃって。じゃあ、ちょっとお話でもしていきましょうか? どうですパリ生活は?もう問題ないですか?」ですよ~。
ゴリちゃんと「やっぱりあの人、不思議だよね~」と意見が一致。

そして最近あった「何コレ?」という銀行でのお話。
今まで入金する時は窓口へ行っていたのですが、一部のATMでも出来ると知り、試して
みたのです。入金したい額を入れるようにとの指示があったので入力したところ、
紙が一枚出てきました。???と思ってると、今度は封筒が出てきたのです!
どうやらその紙とお金を封筒に入れて機械に戻せ、という事らしいのですが初めてなので
本当にそれでいいのか不安。
窓口に行って確認したらあっていたので再度挑戦。
今度は紙とお金を封筒に入れてシール状の封をして機械へIN。
と同時に控えの紙が出てきました。あきらかにお金数えてないよ、ATM。
結局あとで手作業で数えるって事??? 機械の意味ないじゃ~ん。
それに入れた入れないとかでトラブルになったりしないのかな?不安にもなるし。
実際翌日そのATMで残高照会しても前の金額のままでかなり不安でした。
その次の日にはちゃんと照会出来ましたけどね。
日本の入金方法が普通だと思ってたけど、いろいろあるのですね~。


スポンサーサイト

コメント

私も入金した後
”ありがとうございました”といわれて、”は?”

私は逆に日本の銀行未経験だから
そんなお礼を言われたの初めて。

小切手もあちらでは日常茶飯事ですが
盗難防止の為 持ち歩かないのは さすが
ブラジル。

ATMで入金できるなんて知らなかった!でもコワ~!怖すぎてトライできない!
面白い担当者さんに私もあたってみたいです。

v-411銀行の話、面白いですね、ATM入金は日本の夜間金庫に近いようですが
確認できるまで一寸心配しますね、しかし銀行に限らず、あせらず、急がず
ゆったりとした感じがいいと思います。
ところで悠さんたちの担当の銀行の人はフランス人?日本人?v-498v-496

日本に慣れていると、その銀行構造は心配になるなぁ。お金なのに…。
フランスの銀行員は日本みたいに支店の移動はないってこと?

v-61∮petit pain∮さん
そうか、∮petit pain∮さんの場合は反対なのですね~。
フランスの生活に慣れてくると、日本のサービスは過剰なのかもと感じてきています。

v-61marupooちゃん
私も知らなくてずっと窓口行ってました。
不安だったけどチャレンジしちゃったよ!
でも先進国なのに随分仕組みが古い機械だ~。

e-212つるさん
本当に金庫に預けた感じです。
でも金庫なのに安心できなく、かえって不安になる金庫でした~(笑)
担当者はもちろん日本人です! そのためにこの銀行のこの支店にしました。

e-212よねちゃん
銀行に限らず日本の基準で考えるといろいろ違います。
日本もいいけど、フランスもいい。どっちも好き。
銀行員の移動があるかは私には分からないよ。担当替われば連絡来るんじゃないかな?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/203-e9bf4beb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。