スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス人とワイン 

172812(1).jpgフランスと言えばワイン! 毎日の生活に、
そして特別な記念日に欠かせません。
近所のスーパーのワインコーナーもご覧の通りの品揃え。
でもほとんどがフランス産ワイン。
日本だったら他にもイタリア産やアメリカ・南米産といった新大陸ワインなどいろいろあるのにな。
プライドの現れ、でしょうか?
でも日本で高いイメージのフランスワインが、
こちらでは安いものもいっぱい売っているので選び放題です♪

学校での昼食時にもシェフ達のテーブルには赤白のワインが必ず。
昼だからとか仕事の途中だから・・・なんて迷いは全くなし。
ワイン飲みながら「ワーハッハ」との笑い声が絶えません。時にはシャンパンまで!

そして多くの家庭ではワインが常備されているそう。
ホームステイ先にはかなりの数のワインが保存されていたし、近所の老夫婦宅では突然
おじゃましたにも関わらずシャンパンを出してくれました。

そんなワイン大国のフランスですが、フランス人たちのワイン消費量は減少傾向で、
特に安ワインの消費量の落ち込みが激しいようです。
「量より質」の傾向になっている事や若者のワイン離れが原因だとか。

ところで、フランスではワイン1杯くらいじゃ飲酒運転にならないと聞きビックリ。
血中アルコール濃度が0.05%以上、ワインならグラスで2杯、ビールなら750clちょっとまではOKという計算。
少しでも飲んだらダメ、の日本とは全然違いますね。
とは言え最近は飲酒運転の取締りと罰則が厳しくなり、多くの人は外食でのアルコールを控える傾向にあるそうです。

スポンサーサイト

コメント

日本の一般的なスーパーでも酒類を置くようになって、ワインも多種ありますね。
少しは常備してみたいと思っても場所が無い・・。
そちらの普通の家庭ではどんな所に保存しているのですか?

今のうちに 飲みだめ~!!

確かにちょっと位では 酔わなくなったね、フォアグラで肝臓提供してもらってるから?
やぁ、あれは肝硬変してるから、逆効果。
だよね。

フランスの若い人のワイン離れって本当なんですね。。。

それに、最近では日本や中国でのシャンパン消費量がすごくて本国・フランスに出回る量が減少しているとか。。。

ワインが「ビジネスの道具」になってしまうのは少し悲しい気もします。

肩肘張らずに、生活の中でワインを楽しむスタイル、是非是非、本場フランスの空気感を肌で感じて帰ってらして下さいね♪

sei

v-272ひろさん
日本でも最近はいろいろあるけど、やっぱり種類の豊富さが全然違うんです!
写真で見えない部分にもた~くさん。しかも1ユーロ台から!!!
ワインの保管。ホームステイ先は普通に食品庫に置いていたなぁ。
パリのアパルトマンには地下にカーブがあるところが多く(我が家も♪)
そこに保存している人もいるようです。

v-272∮petit pain∮さん
フォアグラで肝臓提供。笑っちゃいました。そして想像してさらに可笑しい♪
飲みだめしたいですね~。
でもワイン好きだけど2杯が限度。お酒強い人が羨ましいです・・・
∮petit pain∮さんはどのくらいいけるんですか?1本とか!?

v-272seiさん
ネットで見たある統計では「ワインを飲まない」とした人が25歳以下では57%!
どのくらいの人数で調査したか分からないけれど、それにしても驚きの数字ですよね。
そうは言ってもこれからもワインの国フランスであり続けると思いますが・・・
明日からワインの産地へ旅行に行ってきま~す♪

悠さんとこ カヴがあるの?ステキ。
量は意識して飲んだことないけど美味しいお料理と、なにより楽しいお話でいくらでもいけそうです。

v-272∮petit pain∮さん
うちは古いアパルトマンだからこそ地下カーブがあるの~。
全室分だから結構広くてビックリしました!それぞれ仕切られていて、
私たちのカーブにはもともと備え付けてあった変な家具とかを詰め込んであります。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/214-1aa53b92

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。