スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス紀行 ~Bourgogne ①~ 

久しぶりの3連休。この貴重な休みを無駄にするわけにはいきません。
慌ただしく列車とホテルの予約をし、行ってきましたブルゴーニュ地方!!!
言わずと知れたボルドーと並ぶフランスの2大ワイン名産地。
フランスでは『ブルゴーニュはワインの王様、ボルドーはワインの女王』と呼ばれています。
そして美味しい郷土料理も豊富ときては行かないわけにはいきません。

パリからTGVで南東に向かいBeaune(ボーヌ)で下車。
ここはCote d'Or(黄金の丘)と呼ばれるブドウ畑が続く丘陵地帯の中心地。
見所も多いし、ワイン街道巡りにも便利な場所なのです。

122604(1).jpg 125810(1).jpg
まずはお腹がすいたのでレストランのテラス席でランチを。
前菜はエスカルゴを選択。いわゆるカタツムリに、ニンニクとパセリなどを混ぜたバターを
詰めて焼いたもので、この地方の名産品です。
メインにはやはり郷土料理のブッフ・ブルギニョン(牛肉の赤ワイン煮)。
赤ワイン煮、大好き~♪ もうちょっとコクが欲しいところだけど。
もちろん赤ワインも頂きました。
145715(1).jpg

最初に訪れたのはワイン市場。
ここでは入場料10ユーロを払うと常時ブルゴーニュワインが15種類試飲できます。
ブルゴーニュ産のワインを幅広く試飲するのに
ピッタリです。


150025(1).jpg 150249(1).jpg
試飲は地下のカーヴで。かな~り暗いです。
雰囲気はあるけど、ワインごとの色の違いを見分けるには不向きな感じ。
1000円台のワインから始まり、最後はグラン・クリュ(特級)のワインまで!

173950(1).jpg 164450(1).jpg
ボーヌに来たら必見なのがHotel Dieu(オテル・デュー)。
1443年に建てられた貧困者の為の病院で、今も15世紀当時の病棟がそのまま残されて
います。
ここの特徴は鮮やかな屋根。色とりどりの七宝が本当に綺麗でした。
でも外側から見ると意外と地味ですよね?(写真左)
それは内部の豊かさを想像させ盗難にあうのを避けるため、わざと目立たないようにして
いるのだとか。
165211(1).jpg 171733(1).jpg
病室はとても豪華でビックリ。奥にはチャペルが併設されていました。
他には厨房や薬局なども。このオテル・デューは特級ブドウ畑も所有していて、
その利益は病院の維持にあててるそう。

182259(1).jpg 191528(1).jpg
そして、そして、とても楽しみにしていた夕食。
なんとフランス人のお宅に招かれたのです!そ・れ・は学校のPシェフ。
普段はパリで1人暮らしをされているのですが、週末になるとご家族が住むボーヌに
帰っています。
それで今回旅行に行く話をしたところ、ご自宅に招待してくれたのです。
本当にビックリ。ずうずうしいかなと思いつつ、喜んで行かせて頂きました。
窓が大きいのでとても明るい室内に、温かみのあるテーブルがピッタリです。
お庭でアペリティフ(食前酒)を頂くところがフランスっぽくて素敵でした。
メインはラクレットに初挑戦。写真のような専用の道具でチーズを溶かし、
ジャガイモとハム類を一緒に食べるというもの。
皆でワイワイできる感じなのでホームパーティーにちょうどいいです。
いやぁ、シェフ宅に招いてもらえるなんて本当に感激。
Pシェフ&ご家族の皆さん、どうもありがとうございます。
とっても素敵な思い出になりました♪

 

スポンサーサイト

コメント

これはまだ前半ですよね?

シェフのお家にお呼ばれなんて、なんていい響き!
アシスタント頑張ったご褒美ですね。
お天気にも恵まれて、良かったね。

ラクレット専用の道具が面白いe-287
毎日忙しい中、お返事メールありがとうv-5
また色々連絡させてもらいますv-238

ボーヌ素敵な街ですよね~
私も1年ほど前に訪れたことがあります。もっと滞在したかったのですが、途中よっただけだったので・・・今度またいくときのために参考にさせてもらいます♪
それにしても可愛いテーブルセット!きっとお料理も美味しかったんでしょうね!うらやましい!

v-235∮petit pain∮さん
はい、前半というか、あと②と③があります。いっぺんにアップする気力がなくて・・・
良ければまた見てやって下さい。
シェフのお宅に呼ばれたのは本当に嬉しく、楽しい思い出になりました♪

v-235かよちゃん
私もこういう道具に興味深々。すぐ欲しくなっちゃう。
パリ旅行、なにかあれば遠慮なくどうぞ。
会えるのが楽しみです♪

v-235ここまっとさん
ボーヌは小さくて田舎だけど、なんかホッとする街でした。
今度はぜひ泊まってワインの街を満喫して下さいね~♪
部屋の中も素敵でしたが、芝生のお庭も広くて気持ちよかったです。

あ~、私も行きたい行きたい!
エスカルゴにブルギニオンなんてスペシャリテの王道♪いいなー。
この旅って車なくても大丈夫ですか?

v-235Chiekoさん
あれ?行ったのはディジョンだけ?
ワインと美食のブルゴーニュですからね、スペシャリテ堪能しないと♪
私たちはいつも列車の旅。今回も全然問題なかったよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/219-cc22be7a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。