スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごめんねウサギちゃん、でも・・・ 

フランスのスーパー事情をもう少し。
食の国フランスだけあって日本同様、世界各国の食材が置いてあります。
日本の調味料なども割高ですが、ひと通り揃っているのではないでしょうか?
でもお米は結構安いんです。ちょっとビックリ。
残念なのは魚が概して高い事。そしてお刺身で食べられるような鮮度のものは少なそう。
でも卵、乳製品、野菜、肉は種類も豊富で安いですよ。
特にお肉のコーナーは見ごたえアリ。大きなカタマリがゴロゴロ。
例えば鶏肉はほとんどが丸ごとです。大きめの鶏、小さめの鶏といろいろだけど、
日本のようにムネ、モモ、ササミと分かれてはいません。必要なら自分でさばく!
さすがに牛肉や豚肉は丸ごとではありませんが、日本人の感覚からすると、
かなり大きめのポーションです。「豚こま」なんてありえません。
それってカスじゃんって感じ(笑)
それと日本と決定的に違うのがウサギがスーパーに置いてある事。しかも丸ごと!
皮は既にはいであるものの頭も手足も付いていて、私はどうしても怖くなってしまうんです。あの可愛いウサちゃんがこんな姿に・・・
でも料理学校でキャーキャー言ってるとシェフに相手にされなくなると聞いているので、
なんとか克服しなければ!

でもこのウサギ、実はとってもおいしいんです。白ワインでじっくり煮込み、
マスタードの味をきかせたマミーお手製のウサギは本当に美味♪
鶏肉に似た感じですが、ササミ程パサついてなく、モモ肉程あぶらっぽくない、
鶏肉のおいしいところを集めたみたい。
皆さんも機会があればぜひ、ウサギを味わってみて下さいね。
スポンサーサイト

コメント

フランスのスーパー面白そうv-238
でもウサギの丸ごとは怖いですよね。
鳥なら慣れてるから平気ですけど・・。

今度フランスに行った時に是非ウサギ
料理を作って下さいv-271

林檎ちゃん、こんにちは。
スーパーとかデパ地下って見てるだけでも楽しいよね。
マルシェだと毛まで付いたウサちゃんがぶる下がってるんですよ。
怖いよ~。
ウサギ料理了解しました♪

悠さん、こんにちは。
有頭エビですら生きている姿が目に浮かんで調理するのが苦手な私は決して料理人になれそうもありません。
しかし、食する方は興味津々。
機会があればウサギのお肉もv-271

ひろさん、こんにちは。
有頭エビはなかなか手ごわいんです。
日本料理のお店で有頭エビの処理をした事があるのですが(活きているエビです!)
最初は怖くてゆっくり頭を取ろうとするから、
余計に動いて噛まれて痛いわ、逃げ出すわで大変でした。
一気にパッと取らないとダメ。
あ~でもウサギは嫌だよぅ。。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/24-fc1e9790

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。