スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KOH-LANTA 

これフランスで大人気のテレビ番組。
年齢も職業もバラバラの男女16人が無人島で40日間生活し、
与えられた試練を次々とこなしていくんです。
そして数日間に1回、共同生活をする中でいらないと思う1人をそれぞれが紙に書き出し、
多数決で選ばれてしまった人はその場で立ち去らなくてはならず、
最終的に残った1人が優勝。毎回たくさんの人が応募するようです。
優勝賞金が1000ユーロというのはこういう番組にしては少ない気がするけれど、
フランスではこのくらいが相場なのかな?
夏季限定で週1回放送される番組でとにかく大人気との事。
我が家でももちろんみんなで見て、誰が優勝しそうかで議論は白熱。
ちなみに今残っているのは6人です。
そしてなんとこの番組、学校の会話クラスの題材にまでなってしまったんです!
いつもは難しい題材で口数も少なくなりがちですが、今回は積極的に参加できました。

ところでフランスのテレビ番組。
なんかいつも同じようなものをやっていて、バラエティに富んでいないような気が・・・
日本がいろいろありすぎるのかもしれませんね。
でも、週末の午前中にテレビをつけるとテレホンショッピングとアニメばかりなのは、
皆さんどう思います???
スポンサーサイト

コメント

テレビ番組と言えば・・先程日本語についてのバラエティー番組で、物の数え方について説明していました。日本語には数え方が500種類もあるんですって。たとえば薬だと1錠、2錠、これがサプリメントになると1粒、2粒なんですって。
さて、フランス語にも数え方がやはりいろいろあるのですか?

ひろさんそうですよね~。日本は数え方が難しい・・。前に勤めていた会社には「物の数え方の辞典」という本が置いてあって、仕事の書類を書くときは間違わないようにいつもそれを見ていましたよ~。仕事と関係なく見ていると結構おもしろいんですけどね。でも、500種類もあるとは知りませんでした!
悠さん、フランスの週末TV事情、意外ですね。アメリカ(ケーブルTV)は、ニュース専門のチャンネルも複数あるので、いつも何かかにか見るものはあります。ひたすらアメリカンジョーク満載のドラマをやっていたり、ひたすら裁判中継したりと、いろいろ個性的なチャンネルもありおもしろいのですが、英語が得意でない私には内容がよくわからないのが哀しいです~(涙)。そんなわけで私の一番のお気に入りはMUSICTVです(笑)。

ひろさん、ボストン娘さん こんにちは。
数え方がそんなにあるとは知りませんでした。
知らず知らずに使っているけど、そうですよね、
いろんな数え方がありますもんね。
フランス語は数え方の違いはないと思います。
日本語って難しいんですね~。
そう思うとフランス語学習頑張れそうです。
テレビ事情はもしかしたらVichyが田舎だからなのかも。
Parisに行ったら確かめてみますね。
ケーブルテレビは自分の好きなジャンルをじっくり見れるから、
いいですね~。アメリカはそういう点で進んでそう。

それは数年前に日本でもやっていて、私も好きでよく観てましたよ。
「サバイバー」って題名で。
もともとはイギリスの番組で、番組の企画構成等のノウハウそのものを購入して各国で製作しているんだったと思います。

Rizさん。
そうそう日本でもやってましたよね。
他の国の生徒も自分の国で見たことがあるって言ってたけど、
もとはイギリスが製作してたとは知りませんでした~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/26-e61d0f6f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。