スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ながらルーブル美術館 

170412(1).jpg何を今更という感じですが、
やっぱり良いですね、ルーブル美術館。
金曜日は夜10時までやっているので昨日
スタージュ後に行って来て、そう再認識。
以前旅行でパリに来たときに見学したけれど、
実は今回の滞在でルーブルに入るのは初めて。無料デーではなく、
時間があるときにお金を払ってゆっくり・・・
なんて思ってたら今になってしまいました。
帰国がせまって慌ててというのが私らしいです。
185038(1).jpg
美術館って何度訪れても違った感動があるもの。
その時の年齢や環境、興味の対象などによって見方も
感じ方も違うから面白い。
「モナリザ」や「サモトラケのニケ」「ミロのヴィーナス」
もちろんそういった超名作も良かったけれど、
今回特に惹かれたのは工芸部門。
写真は『アポロン・ギャラリー』と呼ばれる、
宝飾品をメインに展示してある場所です。
ルイ15世の冠や美しい器の数々に見とれてしまいました。


195452(1).jpg器と言えば、リシュリュウ翼フランス式1階にある食器棚。
2箇所に分かれて数個の食器棚があって、
その中の食器にもう釘付け。
ほとんどの人はさっと見て去ってしまうけれど、
今回私が一番長く見ていたのはここかも。
一つ一つの美しい絵柄や形を見ていると幸せな気分になります。

200136(1).jpg


そして食器棚の部屋から少し行くとご覧の通りの
きらびやかな空間が・・・
ここはナポレオン3世の居室だそう。
他にも食事の場所などがあり、
もちろんそこもあまりの豪華さに言葉が出ません。



205130(1).jpg
半地階の『中世のルーブル』
昔訪れたときは駆け足で見たので、こんな壕があったとは初めて知りました。
美術作品だけでなく、建物も美しいルーブル。
時々立ち止まって天井を見ると、部屋ごとに随分と雰囲気が違う事に気づきます。
そして巨大なコの字型になっているから、窓からの眺めもいろいろ変化に富んで面白い。
結局閉館ギリギリまでかかってしまいました。
同じ日に朝から見学に来ていたゴリちゃんなんて、音声ガイドを借りたものだから
途中昼食を挟んでなんと合計10時間半!
それでも充分とは言えなかったとか。恐るべしルーブル美術館。


スポンサーサイト

コメント

私も全館制覇しましたよ。

で、その食器の所、沢山写真に取りました。グラス類も大好きです。

なんか 似ているv-237って思わずカキコんでます。

v-20∮petit pain∮さん
全館制覇すると充実感がありますよね。
私は最後のほうは意地でまわってたかも(笑)
食器にグラス、趣味が似ていますね♪
帰国前に国立陶磁器美術館に行きたいと思ってますが、
∮petit pain∮さんは行った事ありますか?

悠ちゃん

行った事ありません。
楽しそう!!
来月の5日にでも行ってみようかな。

v-20∮petit pain∮さん
8月5日って事は無料デーだからですよね?
でも残念ながらここは無料にならない美術館なのです。
あと装飾芸術美術館も興味あるけど、ここも無料にならなくて・・・
期待させてゴメンなさい。

私も憧れのルーブル美術館に入った時は、
それだけで感動しました!!

それにしても1日使ってルーブルを巡る
なんて・・・かなり贅沢ですねゴリちゃん。
羨ましいな~。

私も行きましたよ!
資格を持った日本人男性ガイド付きでした。
ツアーの団体なのであまり並ばずに入れたのですが、見学者が多く、混雑していて
迷子にならないよう懸命に付いて回り、一ヶ所に止まってゆっくり鑑賞するという
訳にはいきませんでした。時間は1時間半~2時間位だったかな。
ゴリちゃんなんと10時間も居たとは驚きです。

v-20林檎ちゃん
私も最初に入ったときは「ここがルーブルか~」と感動。
その時は旅行中で短時間だったから有名作品しか見なかったから、
今回好きなように見れてまた違う感動がありました。
ゆっくり見れるなんて本当に贅沢だよね。

v-20つるさん
ツアーだと仕方ないですよね。
でもガイドさんがいると説明があるから、より作品を理解できそうですね。
ルーブルは1日の間で出入り自由なので、
ゴリちゃんはお昼を外で食べてからまた戻ってじっくり見たようです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/260-b91555bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。