スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜? フルーツ? 【Rhubarb リュバーブ】 

200249(1).jpg以前から気になっていたこのリュバーブ。
見た目はフキといったところ。これは下の方だけが
赤いけど、全体が赤いものもあります。
酸味が強いので砂糖と一緒に煮てジャムやコンポートに
する事が多いそう。あとはタルトに入れたり・・・
つまり料理ではなく、主にお菓子に使われるもの。
だから今まで敬遠してたけど、
旬が終わってしまう前に挑戦♪

「包丁や皮むきで繊維の部分を除き、適当な大きさに
切って砂糖で煮ると美味しいわよ」
とマルシェのおばさん。
マルシェでは食べ方が分からない場合はちゃんと教えてくれるのです。

071159(1).jpg今回もそのアドバイスに従ってジャムを作成。
その前に生でもちょこっと食べてみると、
食感はシャキシャキ、そして酸っぱ~い。
酸味の強いプラムというかアセロラのような味。
砂糖と一緒に火にかけると、どんどん水分が出てきて
結構あっという間にとろりとしました。
でも色が悪くてガッカリ。
こういうもの? それとも作り方がまずかったのかな?
茎全体が赤いものを使えばもうちょっとキレイな色に
なるのかも。
色は悪いけど甘酸っぱくて美味しいです。
朝ヨーグルトにかけて朝ごはんにしよう。
コルドン製菓コースのお友達が見たら出来の悪さに笑われそうだけど♪


スポンサーサイト

コメント

見た目が全く茎、それに筋っぽい印象なのにお菓子に使うなんて意外です。
このリュバーブ、GTBツアーの時にマルシェで見ましたよね。
珍しい旬のお野菜、初めて料理して口にする時はドキドキ、ワクワクするのでしょうね。あと何種類ご紹介があるかしら。楽しみにしています。

なんと、偶然に!!

はじめまして。
現在、南米コロンビアに住んでいます。ちょうど、今日、スーパーで同じものを見かけて、ふきのように見えるけど、果物売り場に売っていてなんだろうと思っていました。
南米版のジャムを作ってみようと思います。

ひろさんのコメントにもありますが、
マルシェで見かけましたよね。
3つ星レストランでのデザートにも
入っていた気がするんですが・・・
気のせいかな??(笑)。

はじめまして。『海外在住ブロガー リンク集』のドイツ在住管理人manaと申します。
ルバーブ、本当にすっぱいですよね。知らない日本人の方が「フキ」と同じようにして食べたというお話をよく聞きます(笑)。かなりお砂糖を入れて煮て、ジャムにしたりもしています。

いきなりご案内で申し訳ないのですが、海外在住ブロガーさんのリンク集を作りました。是非、登録していただきたいな~と思って書かせていただきました。
ご検討くださいませ。では、失礼します。

v-378ひろさん
そう、GTBツアーのマルシェでもありました!
葉っぱが付いて売っている場合もあるそうですが、
葉っぱは食べずに茎だけを食べます。
初めてのものはワクワクするけど、どう食べていいのか迷っちゃう。

v-379海軍中尉さん
はじめまして。ご訪問ありがとうございます♪
コロンビアでも売ってるのですね~。
南米はまた違う野菜・果物がありそうで、いつか行ってみたいです。
南米版ジャム、気になります♪

v-380林檎ちゃん
正解! ルドワイヤンのデザートにも入ってました。
グラスで出てきたピンクのデザート。6月5日の日記に写真があります。
こっちではわりと頻繁に使われる食材みたい。

v-381manaさん
はじめまして。ご訪問ありがとうございます♪
フキと同じようにして食べた!・・・恐いような味見してみたいような(笑)
ドイツだったら見かける食材は似てそうですね。
リンク集、後でゆっくり見させて頂きます!

リュバーブ大好き~!!
出始めの頃に買いまくって、意外に旬が長いことがわかった最近は、もうリュバーブまで手が回らなくなってしまった・・・。
写真で見た感じだと、私はもう少し軽く実が残るぐらい煮るのが好みかな。
赤い色をなるべく残したいから赤い部分を全部取らないようにしたりもします。
まだあるうちにもう一度食べようかなー。

v-382Chiekoさん
そう結構旬が長い食材だよね。
もうなくなっちゃってるかもと思ってたもん。
思っていたより早く煮崩れてきたので形はほとんどなくなっちゃった。
赤い部分も全部使ったけど、こんな色に・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/261-9e17f76c

包丁包丁(ほうちょう)とは、食材を切断または加工するための刃物で調理器具。元の用字は庖丁。西洋のナイフは押し切りであるが日本の包丁は引き切りである点が異なる(この点については鋸|のこぎりも同様)。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wik
  • [2007/07/28 13:27]
  • URL |
  • 『食』の器具! |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。