スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術って難しい 

幾度となく活用させてもらった第一日曜美術館無料デー。
ラストは『国立近代美術館』をメインに、またもや美術館をハシゴしてきました!

191910(1).jpg国立近代美術館はポンピドゥーセンターの5階と
6階に入ってます。
まるで工事中のような外観。
近代美術館って変わった建物の事が多い気がするのは気のせいでしょうか?
実はあまり興味がないけれど、パリ3大美術館
のひとつだから、やっぱり見ておかないと。
入場者数はオルセー以上だとか。

ここには20世紀初頭からの作品が展示されています。
6階はピカソだとかシャガール、ダリなどの著名芸術家の作品がたくさん。
一方5階はもっと最近の作品です。
これがスゴイのなんのって。いやぁ芸術は奥が深い。深すぎます。
174152(1).jpg

例えばこれ。何を意味しているのだろう?
「タイトルなし」となっているので分かりません。
これはまだ良いほう(!?)
白いキャンバスが3つ並べただけ(に素人は
見える)の作品もありました。

174239(1).jpg



串カツのような作品もあります。
他にも変わったものがい~っぱい。

近代美術館って普通の絵とかは置かないものなの?
ピカソの絵がとても普通に思えました。



174512(1).jpg 174307(1).jpg

130330(1).jpg
他にこの日訪れたのは昨年オープンしたばかりのケ・ブランリー美術館。
アフリカ、アジア、オセアニア、アメリカ大陸の
文化について紹介しているちょっと変わった所。
こういう美術館は無料デーだからこそ見れた
感じ。


151638(1).jpg
そしてもう1つドラクロワ美術館にも。
ドラクロワが晩年を過ごした場所を美術館に
してあるので、入口は普通のアパルトマン。
その奥にアトリエ用の建物もありました。


スポンサーサイト

コメント

青い絵、心理分析のロールシャハテストみたいですね。
現代アートに普通の風景画や人物画が無くなる方向なのはやはり寂しいです。

e-309ひろさん
確かに心理分析っぽい!
なんか奇抜なもの=現代アートの図式が出来てしまっているようで、
なんとなく寂しいし物足りないですね。

「ピカソの絵が普通の絵に思えた」とは正に名言。誰の真似もしていない
(ただ変わっている)のが至上という感じですね。私には全く解りません。
悠さんはこの1年の間に方々の美術舘を訪れたようですね、美的感性を磨くことは、
料理には大切な事なのでしょうね。

e-309つるさん
今でもすばらしい油絵や水彩画を描く画家さんはいるだろうに、
そういう方たちはあまり評価されないのでしょうかねぇ?
昔のすばらしい絵を見ると心が癒されたりするけれど、
現代アートでは無理そうです・・・(私には)
実は今日も美術館行ってきました~!これが最後かもしれません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/263-84ea4081

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。