スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAPONがいっぱい! 

スタージュ先のレストラン、Le Grand Vefour。ここで見つけた日本をご紹介します♪

まず、シェフ(料理長)のムッシュー ギー・マルタン。
彼の事は皆、ムッシューと呼びます。そのムッシューは大の日本好き!
「日本を愛している」のだとか。嬉しいですね~。
大阪に提携(?)しているレストランがあるらしく、何人かの料理人を連れて大阪へ
出張することもしばしば。

そしてスーシェフ(副料理長)のパスカルさん。
彼の奥さんは日本人。という事はきっと彼も日本好きですよね!

そんなシェフたちが考案するLe Grand Vefourのメニュー。
日本の食材、結構使われています。
お醤油、これは当たり前。ゴマに寒天に海苔。新しく入ってきた料理人さんが
「NYORI(にょり)」と発音するから笑っちゃいました。可愛いですよね。
それからなんと柴漬けまで! 1パック25€(4000円以上)もするそうです。高っ。
その柴漬けをフォアグラと合わせて前菜に使うんです。なんとも奇妙な組み合わせ。
他にも今のメニューでは使っていなくても日本の食材が結構ありました。
サロン(個室)用に出すカナッペには日本の飾り串(松葉串など)を使用しています。

日本の料理道具もありますよ!
まずは日本製の和包丁。日本へ出張に行ったときに買ってくる料理人さんが多いです。
「これは良い包丁なんだ。高かったんだぞ」って。
そして家庭でもよく使われる野菜スライサー。
テレホンショピングなどで売ってたりするシュッシュッと簡単にスライスできるアレです。
「こうやって組み立てるんだよ」知ってます、日本製のなんだから。
「よく切れるから指切らないようにね」分かってます、
ここに「指を切らないようにご注意下さい」って日本語で書いてあるんだから(笑)。

いろんな人が「こんにちは」「ありがとう」「また明日~」などの言葉をかけてくれたり、
「悠san」と言ってくれたり、日本人にとっては恵まれた職場かもしれません♪

162111(1).jpg 162742(1).jpg



スポンサーサイト

コメント

日本では、調理場の修業(いわゆる板前修業)というのは、非常に厳しいもの
だと聞いています。
研修とは言え、パリの超一流レストランでは、相当にしごかれるのではないかと
心配していたのですが、仕事は大変だったようですが、働いている皆さんとは、
ブログで拝見する限りでは良い付き合いができたようで本当に良かったと思います。
 ご苦労さまでした。v-433

v-82つるさん
最初は私もイジメられたらどうしようと心配してました。
でも、予想に反して優しく明るい人たちに囲まれて
忙しくはあったけれど、とても良い経験が出来ました。
日本の調理現場の方が大変そうです!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/275-b8cf4c0b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。