スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

restaurant PRUNIER (プルニエ)@東京會舘 

東京會舘へディナーに行ってきました。
「世界に誇れる社交場」として建てられてから今年で85周年。
実は昔、ちょっとだけここでバイトしてた事があります。
それまでは名前も知らなかったけど、両親世代の人に聞くと「あそこで食事するのは贅沢
だったのよ~」と。
バイトをしていた時に見た料理は伝統的なフレンチ。
でもまだ若かった(?)私にはなんとなく古臭く感じたっけなぁ。(ゴメンなさい)

あれから○年。
なんで東京會舘に食事に来たかと言うと、株主優待券があったから。
東京會舘内の好きなレストランで食事が出来るという券です。
日本料理や中華料理もあるけれど、折角なのでメインダイニングになっているフレンチ
レストランの『プルニエ』を予約しました。

124243(1).jpg 111141(1).jpg 111625(1).jpg
皇居前に位置する東京會舘。
ガラス張りになっているので昼間は緑が綺麗なんだろうなぁ。
今回は決められた株主優待コース。席に着くと既にメニュー表がテーブルにありました。
花柄の位置皿、素敵です。
ちょっとしたアミューズ(写真中央)の後、前菜の「海の幸のエスカベーシュ」(写真右)。

114447(1).jpg 120927(1).jpg
つづいてスープ。本当は冷製グリーンピーススープでしたが、苦手な事を伝えると
「ビシソワーズ」に変えてくれました。
メインだけは魚と肉から選べたので、私はお魚を選択。
「サーモンのポーピエット シャンパン風味のクリームソース」というものです(写真左)。
きっとこのソース、バターたっぷりなんだろうなぁと思いつつ完食!
そして最後にデザート&コーヒー。

雰囲気はピアノの生演奏もあって良いのだろうけど・・・
あんまりゆっくり出来ませんでした。
だって19時に予約したら、私たちが前菜を食べている頃に他のお客さん、みんなデザート
食べてるんだもん。一体皆さん何時から食事してるの~!?
フランスだと19時から食事なんてすごく早いのに。
メインを食べる頃には他は一組だけ。しかも既にコーヒーも飲み終わっている様子で
「お願いだから帰らないで」って心の中でずっと思ってました。
肝心のお料理は、メインは美味しかったけれど、他はあんまり印象に残りませんでした。
やっぱりどうしても古いイメージが・・・
でもこういう伝統的なレストランには昔ながらの味を求めて来るお客さんも多いだろうから、これはこれで良いのだろうなぁとは思います。
それに私が頂いたのは優待コースのお料理だから、これで判断してはいけないのでしょうね、きっと。

restaurant PRUNIER
東京都千代田区丸の内3-2-1
東京會舘本館2F
TEL:03-3215-2122
http://www.kaikan.co.jp



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/300-3128627d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。