スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車でパリの街を! 

151652(1).jpg
パリ市内を走るぽってりとしたグレーの自転車。
あれ? みんな同じ自転車?
そう。7月15日からパリ市でセルフサービスの
レンタル自転車制度「Velib」(ヴェリブ)が始まっ
ているのです。VelibとはVelo(自転車)とLiberte
(自由)を合わせた造語だとか。


151816(1).jpgスタート時点で750箇所の貸出スタンドに10600台の自転車が設置され、「24時間、好きな場所で借りて好きな場所で
返せる」という便利なもの。
年末までに1451箇所、20600台が設置予定。
写真では周辺地図が写っていますが、この裏側で機械
操作して支払いをします。
利用料金はカード払いのみです。
気をつけなくてはいけないのが、フランスでは自転車は
自動車と同じ扱いだという事。
自転車専用道路でない限り、車道を走らなくてはいけないので、くれぐれも安全には気をつけて。

そもそもこのサービスを始めた理由は、車を減らして環境に優しい街づくりをする為。
その一環として昨年12月、パリでは70年ぶりにトラムが復活しました。
明るくて機能的だけど街の中心を走っているわけではないから、旅行者が使う頻度は
少なそうです。私が住んでいた近くにはちょうどトラム駅があったので、ヴァンヴの
蚤の市や中華街に行く時などたまに利用しました。

083101(1).jpg 113158(1).jpg

135600(1).jpgこれは交通機関ではないけれど・・・
写真はモンパルナス駅にある歩く歩道。
3レーンあるうち両端は普通の速度、真ん中は
高速歩道で時速9キロ!
完成当時はもっと早くて世界最速だったらしいのですが、安全上の問題で今の速さに減速したの
だとか。
それでも乗ってみると充分速い事が分かります。

スポンサーサイト

コメント

今もっとも深刻な環境問題。
こうやって身近な事、小さな事から取り組むのが大事ですよね。
あと、以前に悠さんからフランスの方々の税金についての考え方
を聞いた時も感心しました。最近の日本の状況を見ていると何だか
情けないやら恥ずかしいやら・・・。環境問題にしても、税金や
国のお金の使い方にしても、日本ももう少し思いやりを持って欲しい
ものだな~と思います。

e-215林檎ちゃん
環境問題・・・言われてみれば自分は何にも取り組んでないなぁ。
私も含め日本人はいろんな事に関して関心が低い人が多い気がします。
国の政策+個人の意識が大事だろうから、その点ではフランス人を見習うべきですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/301-add9e896

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。