スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光あふれるパッサージュへ① 

151526(1).jpg今日からまたパリの話題に…

パッサージュとは18世紀後半から19世紀にかけて造られた、ガラス屋根に覆われたショッピング街のこと。
現在パリ市内に残っているのは約20箇所ほど。
当時は最先端のものとして市民の注目を浴び、
今は昔のパリの面影を残す場所として地元の人に
そして観光客にも人気のスポットです。

帰国が近づいてからというもの、
時間を見つけてはパッサージュ巡りをしていました。

152222(1).jpg

今日ご紹介するのは特に人気の高い『Galerie Vivienne
(ギャルリー・ヴィヴィエンヌ 1826年)』です。

イタリア人建築家が設計した、
パリで一番美しいと評判のパッサージュ。
私がスタージュしていたレストランLe Grand Vefourの
あるパレロワイヤルのすぐ近くなので、時々お散歩して
いました。


152501(1).jpg 152449(1).jpg
古本屋さんに額縁のお店。
家族の写真をこんな風に飾ったら楽しいですね♪

152329(1).jpgこちらのパッサージュに入っているサロン・ド・テ『A Priori The ア・プリオリ・テ』はランチやお茶時になるといっぱいになる人気店。
日本のガイドブックにもよく掲載されています。


いろんなパッサージュを見てまわると、パッサージュごとにそれぞれ特色がある事に気づいて、
とても興味深いです。
パリに行く予定のある方、パッサージュ巡りを予定に入れてはいかがですか?

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学・ワーホリへ

スポンサーサイト

コメント

私もこのパッサージュ、ギャラリーヴィヴィエンヌは大好きでパリに行くと足を運びます。

実は私の友人がここにある「Legrand Filles&Files 」という老舗ワインショップで昔働いていたと聞いて、それで興味が湧いて訪れたのが最初でしたが本当に雰囲気のよいところですよね。

モザイクになっている床もとっても素敵で私も好きな場所です♪

v-352seiさん
seiさんもここのパッサージュ好きなんですね~。
天井から光が射し込むので、気持ちの良い空間ですよね。
Legrand Filles&Files、買ったことはないけれど素敵なワインショップだと思っていました。
ディスプレーがお洒落だし、雰囲気も良くて・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/324-768b86cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。