スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家探し 難航!? 

パリでの部屋探しは本当に本当に大変。
留学経験者の体験談を読んでも、留学セミナーに行っても、本でも
とにかく部屋探しは苦労すると口を揃えて言います。
家賃が高いうえ、空き部屋自体が少なく、フランス人でさえ
借りるのが難しいとの事。
だから私達は部屋探しをとても恐れていました。
ヴィシーでもマミーから「まだ決めてないの?インターネット等で
早く調べないと。今すぐにでも始めた方がいい」と言われたし。
憂鬱な気持ちで部屋探しがスタートしました。

とりあえずこれから通う料理学校へ行き、手元にある賃貸物件を見せてもらう事に。
やはり予算や場所など希望に合う物件は少なく、
見つかって電話しても既に借りられているものばかり。
ようやく1件訪問予約を出来たもののその場でYes Noを決定しなくてはいけないとの事。
住宅難のパリではその場での決定はよくあるみたいだけど、
他を見ずして決定できるのかな。

言われた時間にアパートに行ってみると、外見はう~ん。
近くのお洒落な建物が羨ましい・・・
エレベーターなしで4階(日本式では5階)かぁ。
でも部屋の広さは何故か広告よりもあるし、
寝室はロフトタイプになってるからさらにちょっと広い。
(と言っても狭いのに変わりはないんですけどね。)
家具付なので生活にも便利だし、お願いしたらオーブンと電子レンジも
用意してもらえる事になった。日本では考えられないけど。
散々迷いました~。即答は本当に難しいです。
料理学校に通うのに電気タイプのコンロが2つな事、
バスタブがないうえシャワー室がすごく小さい事。
この2つが最後まで悩む点でしたが、料理学校から徒歩5分、
スーパーも多いし、何より学校以外の紹介で思うような物件が
すぐ見つかるか本当に不安だったので決めちゃいました。
そんな訳で家探し、あっけなく終了。
こんなにすぐ決まるケースは本当にめずらしいそう。
後は「住めば都」になる事を祈るばかりです。

予想外に早く家探しが終わったので、午後はモンマルトルへ。
パリの北に位置するここは芸術家達が愛した場所として有名です。
シャンゼリゼやエッフェル塔界隈の華やかなパリとはちょっと違う
独特の雰囲気があり、私はモンマルトルが大好きです。
映画アメリの舞台にもなりました。
010529(1).jpg 013409(1).jpg 022433(1).jpg

写真は左側から、モンマルトルの丘に立つサクレクール寺院、
無名の画家達が集まるテルトル広場、映画アメリの舞台になったカフェです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/35-10656789

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。