スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お料理を公開しちゃいます♪ 

料理学校が始まって早1ヶ月。
Le Cordon Bleuでは約3時間のデモンストレーション授業(試食付)と
同じく約3時間の実習授業が組み合わされています。
でも作り方が書かれたレシピはもらえないんですよ。
材料が書いてあるだけ。
だからみんなデモの時にシェフの説明を必死でメモします。
急いで書くため汚い字になっちゃうので、家での清書が必須で大変。
でもこういう作業、結構好きなんです。
絵を加えたりして自分だけのレシピノートを作り上げるって感じで、
時々眺めてニヤニヤしたり(笑)
今日は今まで実習したいくつかをご紹介します♪

103604(1).jpg肥育鶏のポシェ シュプレームソース
鶏のフォンで炊いたご飯の上に、茹でた鶏をのせ、ホワイトソースのようなものをかけています。こういう白いソースのときは白をきれいに見せるため、鶏の皮を全部とるそうです。皮が大好物なのでシェフに見てもらうものだけ取り除いて、後はそのままにしてます。

112633(1).jpgキッシュロレーヌ
ベーコンとチーズが入ったキッシュの定番。名前の通りロレーヌ地方の名産です。ベーコンと言っても日本のようにペラペラなものではなく、ばら肉の塊を切って使ったので美味しい~。カルボナーラに入ってるあの厚切りベーコンです。



110034(2).jpg牛肉の赤ワイン煮
ブルゴーニュ地方の郷土料理なので、この日はちょっと奮発してワインもブルゴーニュの赤を合わせて食べました。ビストロでもよく注文する大好物♪




172927(1).jpg若鶏のロティ
いわゆるローストチキンです。付け合せは茹でたアーティチョークの中にいろんな野菜を詰めたもの。日本だとなかなか生のアーティチョークは見かけないですよね。味はあまりせず、ねっとりした食感が特徴的な野菜です。


105009(1).jpg鱈のポシェ 白ワインソース
肉料理が多いので魚の日はホッ。でも魚のおろし方に失敗。日本でのやり方と違うので練習しなくては!だけど魚が高いのが困り物です。


P1000183(1).jpgボワローとポーチドエッグのパイ
もちろん折込みパイ生地も手作りするのですが、真夏のような天気の日だったのでバターが溶けそうになり大変でした。





P1000212(1).jpg鶏胸肉のファルシ マッシュルームソース
中に詰め物をしたものをファルシと言います。これは胸肉を横半分に開き、その中にやはり胸肉を生クリームと一緒にミキサーにかけてムース上にしたものを詰めて焼いています。


現在通ってる初級コースは伝統的料理、中級になると地方料理、そして上級コースは
現代風のフレンチと続きます。あ~体重増加が恐ろしい・・・
これからも時々ご紹介しますね!
スポンサーサイト

コメント

レシピノートを眺めてニヤっとしている悠ちゃんを想像してこちらもニヤニヤしてしまいましたe-274
どれも手がこんでいて作るの大変そうe-327
一番惹かれたのはキッシュロレーヌe-420
特にパイ生地が美味しそうe-272

どれも美味しそうで
よだれが出てきちゃいそうv-10
迷っちゃうけど牛肉の赤ワイン煮が食べたいなー。

料理本みたいにみんな美しいねぇー。

私の大好きな鶏肉料理がたくさんv-238
盛り付けも綺麗で本格的な感じが
しますね~!!

e-499かよちゃん
ニヤニヤしてる姿、想像つくでしょ?なんか学生時代を思い出すよ~。今も学生だけどさ。
キッシュは美味しいよね。生地も混ぜるだけだから簡単v-271

e-499みむみむちゃん
私も牛肉の赤ワイン煮が一番かな。
日本で本を見ながら作ったときは怪しい色と味になったから、
今回成功して嬉しかったよ~v-272

e-499
私も鶏大好き。特に皮が!
安くておいしいよね。こっちでは1羽600円ぐらいから買えるよ。
ぜひ父に作ってあげたいです(笑)e-434


↑のコメントの最後は林檎ちゃん宛です。
名前入れたはずなのに消えちゃった。ゴメンナサイ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/46-3e6e3962

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。