スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな旅 ~Chatou~ 

小さな旅第2弾は先日訪れたシャトゥー。
パリから郊外電車に乗ること20分。窓からの風景もずっとのどかになりました。
モネやルノワールといった印象派の画家達が好んで訪れたこの水辺の町。
ここで「印象派の日」というお祭りがあると聞き行ってみたのです。
場所は川辺に建つレストラン「フルネーズ」前の広場。このレストラン、
ルノワールの初期代表作『舟遊びする人たちの昼食』の舞台になった所だとか。
写真左がフルネーズ、右がルノワールの作品です。

135013(1).jpg 134953(1).jpg

広場へ行ってみると中世の衣装を来た女性達が集まってました。
美術館受付の人、お菓子を売る人、そして一般の人達までも中世の衣装を着てます。
ゴリちゃん曰く「ただのコスプレ祭り!?」
確かにそうかも。だって観光客はほとんどいないし、特別なイベントもやっていないから、
「シャトゥー住民のシャトゥー住民によるシャトゥー住民のためのイベント」って感じ。
でもどの衣装もとても素敵♪

140826(1).jpg


そして偶然、隣町のお祭りにも遭遇。
こっちは打って変ってバイキングがテーマのにぎやかなお祭りでした。

120712(1).jpg 150303(1).jpg


シャトゥー(イル・ド・フランス地方)
パリEtoile駅よりRER A線St-Germain-en-Laye行きに乗り約20分
Chatou-Croissy下車
スポンサーサイト

コメント

悠さんの説明を読む前に真ん中の写真を一目見て、まるでルノワールの絵の様!と思ったら、まさにそのコスプレ(byゴリちゃん)だったのね。時代を遡ったようでステキねv-266
パリから20分でこんな雰囲気のところに行けるなんて、羨ましい!!
東京はやはり巨大すぎるわね。

私はコスプレの写真を拡大する前に
見て、お人形なのかと思いました!!

確かにコスプレかもしれないけど、
日本の秋葉にいるのとはエライ違い
ですよ~(笑)。こんなコスプレなら
私もしてみたいくらいです。

 休日を楽しんでいますね。
都心の近くで、こんななに落ち着いた雰囲気の場所があるのですね。
 中世衣装は、どこか近くで貸してくれるのでしょうか、まさかあの格好で
電車に乗れないでしょうから。それとも家で着て車で? そして中世の貴婦人に
なった気分を楽しんでいるのでしょうか。
 悠さんも一度着てみてはどうですか、似合いますよ。

v-22ひろさん
この日は1年に1度のお祭りだったんです。本当にルノワールの絵のようですよね。
パリは東京に比べるとずっと小さいです。山手線の内側くらい。
だから家から電車で15分くらい乗れば、いろんな名所に行けちゃうんですよ!

v-22林檎ちゃん
このコスプレ、誰かに見せるというより自分達が着て楽しんでる感じでした。
その点では秋葉系と一緒だね。
だけど一部のフランス人の中では、秋葉系大人気だよ~。

v-22つるさん
あの衣装は自前です。毎年のことなのでたぶんあの町に住んでいる方は
持っている人結構いそうです。
地元の人たちのお祭りなので、家族みんなで衣装を着て歩いて来てました。
私も着てみたいです~♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/55-3cff39ff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。