スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の味覚 【huitre 牡蠣】 

食べ物の美味しい季節なので、食材のお話も時々しようと思います♪

まずは牡蠣。
日本だとむき身で売られている事が多いですが、フランスでは殻付。
マルシェはもちろん普通のスーパーでもゴロゴロ殻付きです。
それも1種類ではなく、何種類も。
よ~く見ると値札に番号が付いてます。例えばNo.5とか。
昔流行った香水みたい!?(←年齢がバレちゃう)
この番号、牡蠣の大きさを表しているんです。
No.0~No.5まであり、0番が一番大きくて約150g/個、一番小さい5番は約35g/個
とコルドンでは教わりました。

133041(1).jpg 151350(1).jpg

そして早速牡蠣を購入。
いつもは小さめのもの(その方が安いから)を買うけれど
悠「大きさの違いを実際に確認して勉強したいな~」
ゴリちゃん「勉強なら仕方ないね~笑」と、意見は一致。
早速マルシェでNo.0を6個、No.4(No.5はなかったので)を6個購入。
そしたらそれぞれ1個ずつおまけしてくれた上に、計算違いでおつりが多かった。
勉強の為に買ったのが良かったのかな、と勝手に解釈。
右の写真の通り、こんなに大きさが違うんですよ~。

そしてフランスの牡蠣は日本と同じ品種だそうです。
なんでも1970年頃、フランス牡蠣がウィルスにより全滅しかけた際、
宮城産の種ガキを輸入したことによって防いだとか。
今ではその宮城産の牡蠣がフランスの海にしっかりと根付き、たくさんの子孫を
残してるそうです。なんか嬉しいですね。

175026(1).jpg家ではいつも生で食べてますが、学校では
こんなふうにグラタンにして食べました。

スポンサーサイト

コメント

フランスだと大きさまで選べるん
ですね!!日本のスーパーだとパック
に入ってたりしますよね。たま~に
殻付きの物も売ってますけどね。

ウチは私はあまり牡蠣食べないけど、
旦那ちゃんが好きですよ!!魚の市場
に買い物に行くと殻付き牡蠣の前で
旦那ちゃんの足が止まります(笑)。

好物の牡蠣を、ワインを飲みながら幸せそうに食べているゴリちゃんの顔が
見えてきます。
 それにしても、宮城産の牡蠣がフランス人の食卓を豊かにしているとは
嬉しいですね。v-272

v-307林檎ちゃん
そう日本だとパック入りが普通ですよね。
量はたっぷり入ってるけど、殻付きと比べると味気ない感じ。
殻付だと牡蠣の汁まで堪能できるからね~。チュル♪
そう言えば、林檎ちゃんの旦那ちゃんも牡蠣好きだったもんね。思い出したよん。

v-307つるさん
嬉しそうなゴリちゃんの顔、浮かびますよね。
日本だと殻付き牡蠣は高いので少ししか食べられないけど、
こっちは値段も安いので毎週日曜日は市場で12個買ってます。(12個売りが基本なので)
それでも2人でペロリですよ~。
牡蠣が日本(宮城)v-496とフランスv-498を結ぶ架け橋だったなんて嬉しいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/65-45dff28e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。