スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Astrance (アストランス) ☆☆ 

日本にいる時から絶対行きたいと思っていた2つ星レストラン『Astrance』
シェフもサービスの責任者も3つ星『アルページュ』の出身で、
今パリで最も予約が取り難いレストランと評判なんです。
私も1ヶ月以上前から予約を入れて、今日やっと行ってきました~。
(今回はランチだったのですが、夜だったら2、3ヶ月前に予約が必要みたいです!)

123917(2).jpg 124708(1).jpg
場所は16区の高級住宅街パッシー地区。
レストランが近づくにつれ、期待に胸が高鳴ります☆☆
中はシックでモダンな雰囲気。
プレースプレートはおはじきのような色とりどりのガラス皿でした。

124532(1).jpgまずはアミューズとしてブリオッシュとスプーンにのったチーズのピュレ。
そしてアペリティフにゴリちゃんはシャンパン、私はキールを飲みながらメニュー決め。
と言ってもここ、アラカルトは一切なしのシェフ
おまかせのみ。
メニュー表にはランチコース(ワイン付き・ワインなし)、秋のコース、アストランスコース(ワイン付き・ワインなし)とだけ記載されています。
だからどれを頼んでも何が出てくるか分からない。
その分「次は何が出てくるんだろう」とワクワク感が高まるという訳。
もちろん最初に苦手なものを聞かれるので、嫌いなものが出てくる心配はありません。
私たちはランチコース、折角なのでゴリちゃんはワイン付きを注文。
何が出てくるか分からないのでワインもお任せした方が良いと思って。

125619(2).jpgコースはいつも小さなグラスから始まるそうで、この日は下からスパイシーなヨーグルト、パンプキン、コーヒーでした。「スプーンでよく混ぜて下さい」との事。なんか面白いです。130502(1).jpg
続いてホタテの前菜。フランスに来て初めて食べるホタテは肉厚でプリプリ~(幸せ) ソースは柚子と生姜の味がしました。
(説明はちゃんとしてくれるのですが、仏語なので聞き取れない事も多く・・・泣)
添えられているのはマスタードの葉との事。マスタードの葉なんて初めて!
天ぷらのように揚げてあり、日本ぽい一皿です。

132317(1).jpgお魚は鯛を蒸したものでした。
下に玉ねぎとアワビらしきもののソテーが敷いてあり、コリアンダー風味。パパイアとマンゴーのピュレが添えられていて、これはエスニックな感じ。




134109(1).jpgいかにも和のお皿に入ったカプチーノ状のスープ。「何のスープか当ててみて下さい」と笑顔で去るサービス係。
香ばしい匂いがするけど、キノコ類???
答えは「焦がしたパン」だそう。
あ~最初パンぽい香りがするなと思ったん
ですよ。いや、本当に。
でもまさかパンをスープにするなんて!

135910(1).jpg
ケイパー、イタリア産の生ハム、赤ピーマンの
一皿。






141247(1).jpgメインは仔牛のモモ肉です。
すごく綺麗なピンク色の焼き加減。
脂分が少なく、豚肉に近い感じでした。

バターや生クリームの使用量がすごく少ないと聞いていた通り、どれもあっさりめで日本人の口に合うような料理でした。

143001(1).jpg
と言ってもさすがにお腹は一杯。
そんな時に出てきたのが、唐辛子のソルベ。
ここの名物の1つだそう。
冷たさとピリッと感でお腹具合も少し落ち着いてきて、デザート前にはすごくピッタリだと思いました。


144250(1).jpg 144330(1).jpg
デザートは3皿も!
イルフロタン(カラメル風味のカスタードソースにメレンゲを浮かしたもの)、濃厚なチョコレートケーキ&洋ナシのような果物のピュレ、パイナップルのシャーベット(周りの白いケースも砂糖で出来ているので食べられます)

145856(1).jpgそして最後にマドレーヌ、フルーツ盛り合わせ、卵の殻に入ったジャスミン風味のエッグノッグ。
エスプレッソを飲み終わった頃にはランチだというのに3時間が経過していました。

いろんな国の料理に興味があるというシェフの言葉通り、いかにもなフレンチではありません。
日本の影響もかなり受けてるなぁという感じ。

調べてみると最近まで副料理長が日本人だったとか。納得。
ここならコッテリが嫌いと言う年配の方でも大丈夫だと思います。

あ~贅沢しちゃいました☆☆


Astrance
4 rue Beethoven 75016 Paris
TEL:01-40-50-84-40

スポンサーサイト

コメント

3時間のランチとはその時間の掛け方だけでも贅沢!
盛り付け方、量、食材、器、どれも日本人好みと思ったら・・なるほど。
あぁ~~羨ましいv-10
スプーンとフォークが裏側を上にしてセットされていますが、これはフランス式?

ひろさん、
あ~ブログをアップしている途中で見られちゃった(笑)
だから写真の位置がおかしかったでしょう?
意外と写真をきれいに配置するの難しいんです。
いつも何回もやり直したりして・・・
だからもう1回見て、ちゃんとしたものを印刷して下さいね~♪

それはそうと、3時間のランチは本当に贅沢ですよね。
夜だと4時間コースだそうです!
ここならひろさんも気に入るのではないでしょうか?
ご希望があれば予約しますよぉ(笑)
カトラリーが伏せて置いてあるのは、そうフランス式です。
イギリス式だと上向きに配置されます。

みてるだけで幸せな気分になっちゃいましたよ~v-238
素材そのものを楽しむ、っていう日本っぽい感じがあって、私もいただいてみたいわぁ。それにしても唐辛子のソルベからフィニッシュまで何種類あるのぉ!?v-274v-273

はこちゃん、
私も自分で書いたブログの写真を見てまた幸せな気分になります~v-433
日本料理にヒントを得ているレストランはきっと多いんだろうなぁ。
こっちはデザートだけで1つのコースになるぐらいの品数ですv-274v-273
でも全部食べちゃったよ~。

はじめまして

はじめまして。
パリで修行中なんですごいですね。
両親で和食屋を経営しているので料理は大好きです。
すごく楽しみながらブログを見させていただきました
さて、8月に新婚旅行でパリに行きます。ディナーをと探しているのですが、英語のできない私は予約する手段が無く八方塞です。ツアーデスクなどに頼むと料金が・・・。
などなど何とかして手配したいのですが、どこかお勧めでメールなどで予約できるお店はないでしょうか?
失礼とは思いますが、メールさせていただきました。

MAYAさん、ご訪問ありがとうございます。
和食屋さんいいですね!こっちへ来て、さらに和食の良さを再確認しています。
パリに新婚旅行で来られるとの事。楽しみですね~♪
メールで予約出来る所・・・う~ん、どこなんでしょうねぇ。良く分からなくてゴメンなさい。
そう言えば、先日行ったGuy Savoyはメールで予約できました。
ただ前日に確認のため電話を入れて欲しいと返事が来たので電話をしましたが・・・
有名店ならだいたいホームページがあると思うので、そこにメールアドレスが
記載されていればメールで予約できそうな気がします。

MAYAさん、
クレジットカードに入っていれば、現地デスクでレストラン等の予約を代行してもらえます(おそらく無料&もちろん日本語)。一度カード会社に問い合わせてみては如何でしょうか?
ご参考まで。

ありがとうございます

いろいろ情報ありがとうございます☆
ツアーですくなど掛け合ってみようと思います。ぜひ素敵な情報載せてください!!楽しみにしています。
フランスの今の風を感じているようで幸せです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/79-da540297

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。