スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濃厚な旨味と香り 【homard オマール海老】 

092407(1).jpg中級コースになってから作業工程がかなり多く
なったものの、使用する食材は以前とあまり変わりませんでした。
でも今日の実習はオマール!!!
おぉ豪華だ~。 しかも生きてます。
撮影しようとしても勝手に動いちゃう。
そしていつもは4人前のレシピなのに、
今回はちゃ~んと2人前のみ。ちょっと残念(笑)

火を入れる前は沈んだ紫がかった青色で、大きなザリガニのようです。
左右でハサミの大きさが違うとは初めて知りました。
危ないのでハサミにはちゃんとテープ付。
まずは熱湯に頭を付けて動かないようにします。
でもちょっと付けただけではかえって元気にさせてしまい大変でした。
ごめんよぉ~。

181140(1).jpgそして出来た料理がこれ、
「Homard a l'Americane, Riz aux Raisins」
オマールの殻からじっくり旨味を取り出した定番のアメリケーヌソースです。ソースの仕上げに
ミソの部分を加え、さらに風味がアップ。
付け合せは干しぶどう入りのピラフです。
これは美味しくないはずがないですよね~。

盛り付けの写真はシェフのものですが、ちょっといろんなものをのせ過ぎの気が・・・
でも実際自分で作って盛ってみると、バランスを取るのが本当に難しい。
飾りの殻を控えめに盛ると格好が付かなくなるし、多くするとゴチャゴチャするし。
なかなか食べる機会も料理する機会もないので、本などで勉強しようと思います。
スポンサーサイト

コメント

わぁ~美味しそうv-238
腕を磨いて帰国した悠さんのお料理
を食べられる日が待ち遠しい!!

学生時代に『レッ○ロブスター』で
少しだけアルバイトした事があるん
ですが、生きたロブスターを料理する
メニューがありました。その注文
を受けると水槽から網でロブスター
をすくって、トレーの上に乗せてお
客様に見せに行かなきゃいけないん
ですが、活きがいいロブスターを
すくっちゃうと動いて怖かったです。

「レッ○ロブスター」懐かしい!昔近所にありました。
ところで、オマール海老とロブスター、伊勢海老、姿は微妙に違いますが味の違いはどうなのでしょう。あまり食する機会が無いので残念ながらわかりません。
ロブスターはボストンの名物ですよね。

v-229林檎ちゃん
『レッ○ロブスター』昔1回だけ食べたことあります。
ファミレス風なのに結構高かった気が・・・ロブスターですもんね。
生きたロブスター注文するなんて贅沢~。
バイトしてると時々食べれたりするの???

v-229ひろさん
ロブスターはボストン名物なんですか? 知りませんでした~。
料理辞典によるとオマール(英語名ロブスター)は海老の中で一番大きく、
50cm 1.5kgに達するものもある程。(普通は30cmくらい)
伊勢えび(仏名Langouste)23cmくらいでハサミがないそうです。
味の違いは・・・分かりませ~ん。

生きたオマールをバリッバリッと捌いている悠ちゃんを是非見てみたい。すごいです!さすが!
皿の上に鮮やかにそろった各パーツ、なんだかおもろいね。上手に盛り付けるの、大変そうだねぇ。
またレポート楽しみにしてますv-238

v-229はこちゃん
さばくなんて程の事でもないので恥ずかしい~。
でもこの料理はいつもの半分ちょっとの時間で完成。
前日の料理は3時間かかっても終わらない人が多かったっていうのに(私も)
手間とおいしさは比例しないものだね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/86-adb05660

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。