スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の味覚 【Trompette de la mort クロラッパダケ】 

151808(1).jpg

今日はめずらしいキノコをご紹介。
日本でもいろんなキノコが買えるけど、この黒~いキノコ、見たことありますか?
いろんなキノコを使う授業で初めて見て「何これ~!?」
そして名前を聞いてさらにビックリ。
Trompette de la mort、直訳すると「死のトランペット」なんです。
料理辞典で調べると和名は「クロラッパダケ」との事。これだと普通な感じですね。
食べ物にこんな名前が付いてるなんてと思うけれど、確かにトランペットの形をしてる!
そのままソテーして食べても良いし、刻んでソースやファルス(詰め物)に入れても美味しいと聞き、まずは味付けなしでソテーしてみました。
するととても濃厚な香りが・・・
そして薄くて中が空洞になっているというのに、歯ごたえがしっかり。
噛むと旨味がさらに出てくる感じ。
黒という色も料理を引き締める意味ではピッタリです。
黒々としているもの程、良い品だそうですが、今回買ったのはちょっと薄め。
旬がちょっと過ぎちゃったようなので仕方ないか。
フランスは結構「旬」がきちんとしていて、昨日まで売られていたのが、
急になくなってたって事が頻繁にあるんです。
だから気になっている食材はどんどん挑戦しなきゃ。(と自分に言い聞かせてみる)
ちなみに「死のトランペット」、残りはリゾットに入れて食べました♪
スポンサーサイト

コメント

死のトランペット・・なんて素敵なお名前(笑)
いいなぁ、こういったフランス人のセンス。
一巡りの四季の中でたくさんの旬を味わって紹介してね。

ひろさん
ちょっと皮肉っぽいところがフランスらしくてなかなか◎ですよね。
毎週日曜日はマルシェに行くのですが、気になるものがたくさん。
でも実習品で冷蔵庫がいっぱいなんです・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/91-d68388cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。