スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦手克服!? 【Lapin ウサギ】 

天敵ウサギの実習がまたやって来ました。
(ウサギに限らず鶏とか鴨とかをおろすのが苦手。
骨とか関節の場所・形がよく分かってないのが原因かな~)
でも、今回は楽しんで料理できたからちょっと進歩。
以前は「万歳状態のウサギ」を見るだけで憂鬱になってたもの。
慣れって怖いですね~。

120450(1).jpg作った料理は
「TOURNEDOS DE LAPIN AUX PRUNEAUX ,
POMMES FOURREES AU FROMAGE」
モモ肉をひき肉にしてソテーした肝臓・腎臓と合わせ、ムネ肉で巻いてオーブンで焼き、残りの
部位や骨はソースの出汁として使っています。
真ん中に見える黒いものはプルーン。
付け合せはジャガイモを焼いて中身をくり抜き、ヤギのチーズと合わせてから詰めたものです。
これはロワール地方の郷土料理。
お城が建ち並び、一番美しいフランス語を話すと言われている地方です。

でもウサギを各部位におろすのがなかなか難しい。
モモ肉をまず関節の所で切り離し、ムネ肉はあばら骨3つ目の所で切って・・・etc
頭を落とす時なんか、シェフは包丁で切り落とさずにひねってました!
同じようにやってみると、ニュージーランドの女の子に「あなたのウサギ、目が飛び出してるわよ」と言われ・・・。(怖い話でゴメンナサイ)
その女の子はあっけらかんと作業し、隣にいた生徒に頭だけを手にして「Bonjour~」とか
言ってた程。こんな感じでウサギと格闘した次第です。

これ覚えたって日本じゃ出来ない~って思ったりもするけど、
それこそがパリで勉強する醍醐味なんですよね。
そう思うと解体作業が楽しくなり、シェフからも「bon travail(=good job)」の言葉が。
やった~♪(こっちの人は褒め上手)
ちなみに解体作業の様子、下の方に写真を載せてみましたが、
一瞬ギョッとするかもしれないので、見たくない人は見ないで下さいね。










100003(1).jpg

スポンサーサイト

コメント

e-247ご配慮ありがとうございます
さすがに拡大して見る気にはならなかったよe-327
毎回手の込んだ料理の数々、本当に楽しみにしてます
こちらではうさぎを食べる事も無いから味自体も興味津々e-420
イメージ的には鶏肉を想像してます

私は思わず拡大して見ちゃいました!!
何だか実験のような気もしますね(笑)。
頭が無ければなんて事無いお肉です
が・・・恨めしそうな目が怖いです。
でもウサギをさばけるなんて凄いです
よね~v-237

いやぁ驚きました、写真を拡大して見ましたがギョロッと眼を剥いて、皮は剥いだ
ばかりで痛々しくて・・・v-292
うら若き女性達がこういう事も学習するのですね。
フランスでは食用に兎などを売っているのですか?
狩猟が盛んに行われていた頃の名残でしょうか。
挑戦する悠さんも立派v-433

v-530かよちゃん
配慮したつもりだけど、コメント書くにはイヤでも見なくちゃいけないよね・・・
ゴメンネ~。
味はあっさりした鶏肉という感じかな?
でも煮込むとなかなか味わい深いですよ。

v-530林檎ちゃん
写真を拡大するとはなかなか勇気がありますね♪
でも何度か見てると平気になっちゃうよ~。
鶏の頭はとさかまで付いているから私はそっちの方が嫌かも。

v-530つるさん
結構皆さん拡大して見てくれるのですね(笑)
キャーキャーやってるとシェフに怒られそうなので、みんな黙々と作業してます。
ウサギ、こちらでは普通のスーパーで売ってますよ。丸ごとで1000円くらいです。
今はジビエ(野禽類)の季節なので毛も頭も付いたウサギが肉屋には
ぶら下がっていて、さすがにちょっと怖いです。

悠ちゃん久しぶりです。
ぎょっとしちゃいました。でも地元の人たちはなんてことないんだろうなぁ。 フランスもすっかりクリスマスモードですね、写真とってもきれい!実物はもっときれいなんだろうなぁ。v-255

v-530はこちゃん、お久しぶり。
ぎょっとするよね、普通。でも慣れちゃうんだよね~。怖い怖い。
クリスマスの時期って街中がきれいになるからワクワク。
写真はブレブレだけど、ライトアップ素敵だよ。
でもカメラの夜景モードマジック、はこちゃんもよ~くご存知でしょ(笑)
あの東欧旅行以来、夜景撮りが楽しみ。

悠さんがんばっていますね~。
遅くなってからのコメントでごめんなさい。うさぎちゃん・・・ちっとこわい。かわいそう。でも、そういいながら、おいしい!って食べるんだろうな、私(笑)。
先日のアメリカのサンクスギビングデーでは、夫が友達と丸ごとローストターキー作りに挑戦したのですが、レシピとか覗きみるだけでちょっとこわかったです。焼き上がると途端においしそうに見えましたが(笑)。同じ丸ごとでもお魚とかロブスターとかは全然こわくないのに不思議です(ずーっと前にたしかひろさんがコメントしてくださっていましたが、ロブスターはボストン名物ですv-271ボイルしたものに溶かしバターとレモンでいただくとおいしいです☆)。
ではまた悠さんの活躍を楽しみにしていますv-254




v-530ボストン娘さん
おめめがあると、可哀想な気がしますよね・・・。でも牛にしろ豚にしろ
自分が見ていないだけで、みんなこうやって肉になっていくのですよね。
そう思うと何でもありがたく、また美味しく食べなきゃって感じます。
ローストターキー美味しそう~。
ボストンでも頭つきで売ってるの?中には何か詰めたのかな?
ボストン娘さんの旦那さん(→こう呼ぶの変な感じだけど)料理好きだから
楽しそうに作ってる姿が浮かんできます。
ロブスターの食べ方も教えてくれてありがと。でも次食べるのはいつになるかなぁ。。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/93-d5caebcd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。