スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仔羊の解体! 

昨日の授業はちょっと特別。
専門家がやって来て仔羊の解体作業を披露してくれたのです!
あらかじめ聞いていたので、ゴリちゃんも連れてっちゃいました。
(1回なら招待して良いとの事)

が、先方の都合でデモンストレーションの時間に来れず、
実習時間に見せてもらう事になってしまい・・・残念です。ゴリちゃん、ゴメンよぅ。

通常は3品作るのですが、今回は解体作業がメインのため2品のみ、
それも工程が簡単なもの。
だから解体作業がなくなって時間に余裕ができたせいか、シェフは終始ご機嫌。
説明もゆっくりだったから、ゴリちゃんにとっては良かったかも。
試食時に美味しそうに食べているのを見てホッ。
解体は見れなかったけど、楽しんでくれたと思います。

そして実習。今度は打って変わってかなり急がされる羽目に。
「あと○○分で解体作業が始まるぞ~! 早くオーブンに入れるんだ!!
分かったか~!!!」とシェフ。「ウィ、シェフ」と答えながら必死で作業を進める生徒達。
そして今回の主役、仔羊と専門家の方がやって来ました。

140759(1).jpgじゃ~ん。18㎏の仔羊です。
真ん中が今回の先生、
両端が中級コースのシェフ。


140937(1).jpg


まずはおしりから下を落とし、
続いて両手部分を・・・

141504(1).jpg


大きいナイフと小さいナイフを使い分け、
時にはノコギリまで登場して。

141616(1).jpg


見事なスピードで作業は終わりました。




120424(1).jpgそして今日作ったのは「NAVARIN D'AGNEAU」
仔羊の肩肉とジャガイモ、小タマネギの煮込み
です。あんなに焦らされて作業はめちゃくちゃ
だったのに、みんなそれなりに美味しく
仕上がっちゃうのが煮込み料理の良いところ。
何よりもこっちの仔羊は本当に美味しい~


フランスに来た際にはぜひ食べてみて下さいね~。

ゴリ特派員より
ついにコルドンに潜入しました。
羊の解体が見れなかったのは残念でしたが楽しかったです。
でもぼくが作った方が美味しいかも。グホッ。(冗談です)



スポンサーサイト

コメント

またまた失礼します。
NAVARIN D'AGNEAUおいしいですよね。
私も大好きです。
解体だなんてすごいですねーe-267
見てみたいですっe-420
私の友人が今、製菓@パリ校に通っています。
もしかしてすれ違ってるかもなんて。。
それではまたお邪魔させていただきます。

v-405鶏や兎ぐらいで驚いてはいられませんね。
この位の大きさの動物になると、日本では解体業者の仕事になるのでしょうね。
この様子では、卒業までに今度はv-529e-254?家畜は別かな?
流石に狩猟民族の伝統食文化ですね。

ついに子羊ですか~!!道具も凄いです
ね~。でもウサギより怖い感じがしな
いのは何ででしょう??

ゴリ特派員のコメントももっと読み
たいな~(笑)。

なかなか経験できないですよね、こういうの。日本の料理学校とかでもないですよね、きっと。
シェフと先生が肩を組んでいる写真、一番左のシェフがもっているナイフがとってもこわいぃぃっ。気分悪くなっちゃう人とかいないのかと心配になる・・・。
ゴリ特派員と二人で貴重な経験でしたね。これからもレポート楽しみにしていますv-22

e-192kushiさん
NAVARIN D'AGNEAU、kushiさんもお好きなんですね〰。
今は寒い季節なので余計に美味しく感じました。
小さい学校だからお友達とすれ違ってる可能性大ですね♪

e-192つるさん
今日教えてくださった方は専門の業者さんです。
だから作業はものすごく早かったです。流石!
残念ながら解体作業を見るのはこれが最初で最後のようです。
でも日本ではあまり見かけないものはこれからも出てくると思います。
今日はウズラちゃん料理でした♪

e-192林檎ちゃん
仔羊コルドンではお馴染みの食材です。でも解体は初めて!
これは全然怖くないですね。頭がないからかな?
仔羊(アニョー)、すごく美味しいよ〰。
日本だとジンギスカンで食べる羊(ラム)の印象がありますが全くの別物。
子供だけあって柔らかくて香りもまろやか。お勧めです!

e-192はこちゃん
なかなか見れないですよね。
日本の料理学校では羊はなかったけど、アンコウの吊るし切りがあったよ。
あと食品会社に勤務していた時、豚さんの解体を見させられた、あれはかなり嫌だったな・・・
この写真、私達がカメラを構えたからシェフがわざと怖そうにポーズをとってくれたの〰。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumail.blog57.fc2.com/tb.php/99-1ddfe0aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。