スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paris 春夏秋冬 ~アパルトマンの窓から~ 

パリ生活の様子を綴っていたこのブログ、帰国後も変わらず続けていましたが、
そろそろ終わりにしようかなと思い始めています。
パリで、そしてフランスで撮りためた写真を見れば、その1枚からだって日記が1日分
書けちゃいそうなくらい、思い出はいっぱいなのだけれど・・・
ここでひと段落つけたいなぁという気持ちもあるのです。

と言っても今日で終わりではありません。
皆さま、あと少し(どのくらい???)お付き合い下さいませ♪

今日の写真は私たちが住んでいた小さなアパルトマンの窓から見た風景です。
フランスでの滞在はちょうど1年。季節がひとまわりしました。
中庭のシンボルツリーの変わりゆく姿とともに・・・

151220(1).jpg 151235(1).jpg
≪秋 automne≫ 2006年11月26日
この頃にはすっかりパリ生活にも慣れました。
小さくて古いアパルトマンだけれど、窓が大きくて明るいところはお気に入り。
もとは部屋の壁側に置いてあったテーブルを窓辺に移動させたら、食事の時間も
より楽しくなりました。

141814(1).jpg 141827(1).jpg
≪冬 hiver≫ 2007年1月24日
綺麗に紅葉していた木もすっかり葉を落としました。
葉が茂っていた時は後ろが見えなかったけれど、こんな建物が建っていたのね~。
白衣を着た若者をたくさん見かけたから医療系の学校???

164246(1).jpg 164232(1).jpg
≪春 printemps①≫ 2007年4月6日
恐れいていた冬の厳しさも暖冬のおかげでなんなく乗り越えました。
これから日に日に暖かくなっていくのかと思うとワクワクしていた頃。
シンボルツリーも芽吹いてきました。生命の強さを感じます。

121122(1).jpg 121108(1).jpg
≪春 printemps②≫ 2007年4月29日
なんと! 上の写真から3週間やそこらしか経っていないのにこ~んなに緑が
いっぱいになりました!
本当に朝起きて窓の外を見るたびに成長していたのが分かった程。
4月の始めに「今月末には後ろの建物が見えなくなるかもね~」なんて言ってたら
本当に見えなくなっちゃった。

123332(1).jpg 123235(1).jpg
≪夏 ete≫ 2007年7月18日
帰国直前です。
上の写真とあまり違いが分からないかもしれないですね。
でも緑がより深く、力強くなっています。

またフランスに行って四季を味わうことがあるかもしれないけれど、
この風景を見ることはもうないんだと思うと寂しく、最後に家を出るときは
しっかりと目に焼き付けてきました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学・ワーホリへ

光あふれるパッサージュへ① 

151526(1).jpg今日からまたパリの話題に…

パッサージュとは18世紀後半から19世紀にかけて造られた、ガラス屋根に覆われたショッピング街のこと。
現在パリ市内に残っているのは約20箇所ほど。
当時は最先端のものとして市民の注目を浴び、
今は昔のパリの面影を残す場所として地元の人に
そして観光客にも人気のスポットです。

帰国が近づいてからというもの、
時間を見つけてはパッサージュ巡りをしていました。

152222(1).jpg

今日ご紹介するのは特に人気の高い『Galerie Vivienne
(ギャルリー・ヴィヴィエンヌ 1826年)』です。

イタリア人建築家が設計した、
パリで一番美しいと評判のパッサージュ。
私がスタージュしていたレストランLe Grand Vefourの
あるパレロワイヤルのすぐ近くなので、時々お散歩して
いました。


152501(1).jpg 152449(1).jpg
古本屋さんに額縁のお店。
家族の写真をこんな風に飾ったら楽しいですね♪

152329(1).jpgこちらのパッサージュに入っているサロン・ド・テ『A Priori The ア・プリオリ・テ』はランチやお茶時になるといっぱいになる人気店。
日本のガイドブックにもよく掲載されています。


いろんなパッサージュを見てまわると、パッサージュごとにそれぞれ特色がある事に気づいて、
とても興味深いです。
パリに行く予定のある方、パッサージュ巡りを予定に入れてはいかがですか?

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学・ワーホリへ

パリのメトロ 最終回 

先日こちらでもご紹介したメトロに見るアールヌーボー様式。
最後にもう一度、建築家ギマールの作品をどうぞ。

205422(1).jpg
これはPorte Dauphine(ポルト・ドフィーヌ)駅。
メトロ2号線の終点です。
美しいですね~♪ 一番美しいメトロ入口かもしれません。

でもこの前のABBESSES駅とどこが違うのかって?
たくさんあるギマール作のうち、屋根が付いたタイプは
この駅とABBESSES駅のみ。
さらにこのPorte Dauphine駅は両側の壁まで付いている
唯一の駅なので、いわば完全版とも言えるものなのです。


205315(1).jpg 205256(1).jpg
横から&後ろからもどうぞ♪
ガラスの天井のゆるやかな曲線、いいですね~。205358(1).jpg



壁のアップはこんな感じ。
オレンジ色のパネルにアールヌーボーな曲線が
描かれていました。
Porte Dauphine駅はフォトジェニック大賞に決定!





082430(1).jpg 082235(1).jpg
つづいて思い出大賞に選ばれたのは・・・(いつのまにか授賞式のようになってます)
メトロ12号線Convintion(コンバンシオン)駅。
なんてことない普通の駅。
でも毎日のようにこの駅を見ていたので思い出がいっぱい。
そう、ここは私たちが住んでいたアパルトマンの最寄り駅なのです。
写真は「そう言えばこの駅撮ってないな」と帰国当日にあわてて撮ったもの。
駅を出たところの並木道、もう紅葉しているのかな?

104732(1).jpg 104636(1).jpg
最後はメトロ14号線Olympiades(オリンピアード)駅。
今年の4月に出来たばかりの、パリのメトロで一番新しい駅です。
近未来的な雰囲気でさすがにキレイですよね~。
と言っても私はこの駅を使った事がなく、これらはゴリちゃん撮影のものです。
メトロ全駅制覇を達成したのがこの駅だったそう。
(最後は一番新しいこの駅と決めていたらしく、帰国前日!にようやく達成)

ついでに車内で撮った写真も少し。
これだけ人がいない車内もめずらしいかも。右は車内から見た線路です。
104531(1).jpg 104452(1).jpg
私のメトロレポートはこれでおしまい。
他にも素敵な駅はいっぱいあるので、パリにいらした時はぜひメトロにもご注目を~。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学・ワーホリへ

パリのメトロ ④ 

メトロ駅紹介シリーズもいよいよ佳境に入ってきました。

210338(1).jpg 210155(1).jpg
まるで美術館のような駅はLOUVRE RIVOLI)駅。
ルーヴル美術館にある彫刻などのレプリカがホームに飾られていて、
電車を待つ時間も楽しめます♪
でもルーヴル美術館の最寄り駅はお隣のPalais Royal-Musee du Louvre
(パレ・ロワイヤル-ミュゼ・デュ・ルーヴル)駅になるので、お間違いなく~。
(↑ちなみにこちらの駅はスタージュ先のレストランの最寄り駅でもありました♪)

134842(1).jpg 134859(1).jpg
続いてBONNE NOUVELLE(ボンヌ・ヌーヴェル)駅。
駅名はフランス語で「良い知らせ」という意味なんです。可愛いですよね~。
可愛いのは名前だけでなく、駅名の字体が波打っていたり、電気が丸っこかったりと
可愛いポイントがいっぱいです。

132924(1).jpgパリのメトロ駅は素敵なんですよ~と紹介して
いますが、中にはこんな汚い駅もありました
(N-D DES CHAMPS駅)。
まるで廃ホームのようですが、使われてます・・・(苦笑)
広告は剥がされたままになっているし、
何でこんなに汚いんだろうと思ってました。
でも今考えてみると、もうじき工事に入る駅だったのかもしれません。
パリのメトロはいつもどこかしら工事のため閉鎖されていますからね。
パリのイメージを壊さない為ににも、そう思うようにしよ~っと(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学・ワーホリへ

オンナ心とパリの空 

噂には聞いていたけれど、パリの天気の変わりやすさには本当に驚く。
天気予報のパリのところを見ると「晴」「曇り」「雨」と3つのマークが出ていたり・・・

135658(1).jpg初めてそれを見たときは「何これ?これだけ
マーク出せば、そりゃあどれか当たるでしょっ!」でも、そうじゃなくて、本当にその日はその3つのお天気だったのです。
曇ってるなぁと思ったら晴れ間が出て、そしたら急に雨が降ってきて・・・といった具合。

7月某日。
自宅窓から撮った雨降りの日の写真。

140003(1).jpg
と思いきや! なんと『ひょう』でした~!
パリでひょうを見たのは1年間でこの日だけ。

そう言えば、暖冬だったから雪も見てないや。
寒いのはイヤだけど、
一度くらいはパリの雪景色を見たかったかも。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学・ワーホリへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。