スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェフ、今度は日本で会いましょう!  

120703(1).jpg学校に非常勤で来ているGシェフ。
生徒だった時、実は最初ちょっと苦手でした。
だって初めて実習で受け持ってもらった際にいきなり
「ちょっとちょっと、それ全然ダメ。も~うなんでそうなの~」
と日本語でいきなりのダメ出し。
(ちなみに鶏をブリデ(=たこ糸で縛る事)する作業中)
入学後すぐのダメ出しだったし、こっそり覗いた自分の
評価欄は「鶏のブリデ技術点 5点中2点」とかなりの辛口。
その日は落ち込みました~。
その後も鶏の写真を撮ってると「日本には鶏、いないんですかぁ~?」とかいろいろ言ってくるし。
なんでこのシェフ、日本語なんだろう?
後でその理由が判明。以前名古屋で働いた経験があり、奥様は日本人だったのです。
それ以来私の中でのあだ名は『名古屋コーチン』

でも今はすっかり慣れて、逆にとても接しやすいシェフに。
地下調理室専任のシェフがお休みの時はこのシェフが地下担当になる事が多く、
アシスタントになってからもお世話になっています。
そんなGシェフとも明日でお別れ。念願の日本での仕事が見つかったとの事。
フランスには単身赴任だったので良かったですね~。
しかもパリの3つ星レストラン、ピエール・ガニエールの東京支店!
すごいじゃないですか、シェフ!!!
「子どもにパパ、シャネルのバッグ買ってきて!なんて言われたけど冗談じゃないよ~」
と言いながらもお嬢さんとの再会に嬉しそう♪
志村けんのギャグを披露したり「大根の足のオバタリアンになっちゃうよ」という古~い言葉が出たりで笑わせてくれたGシェフ。
明日の土曜日は休日だったけど、シェフに「ワタシ最後なのに来ないの?なんで?
手伝いに来てよ~。最後のお願~い」と頼まれ午前中だけ仕事してきます。
最後と言われると弱いんですよね~。
Gシェフ、いろいろありがとうございました。
ガニエールに行った時はサービスしてもらわなくちゃ!な~んて。

4週間経過 

早いものでアシスタント生活も早4週間。
いまだにデモの時はかなり気疲れしますが、それが仕事だから仕方ない。
でも少し余裕がある時はシェフの手さばきをじ~っと眺めて、特権を利用する時も。
先日は天敵ウサギの回のデモを担当したので、生徒の時に理解できなかった点の再確認が出来ました。でもそんな余裕はめったにないのだけれど・・・
ただ1日の流れは毎日同じなのでだいぶ慣れたかな。
これからは地下キッチンでの仕込みの時もいろいろな事をやってみたいと思ってます♪

074939(1).jpgと、そんなチャンスが本日まわってきました。
念願のお魚いっぱいで~す。
仕込みの中でも魚は一番やりたかったモノ。
この発砲スチロール箱に入った山のようなお魚
さん達を思う存分やらせてもらってすごく嬉しい。sole(舌平目)にsaumon(サーモン)、barbue(バルビュ、ナメラビラメ)・・・どれも高価なのでなかなか家では練習できません。

舌平目は黒い皮と白い皮をはいでから5枚下ろし。
こちらに来るまで黒い皮がついているなんて知りませんでした。
日本だと既にはがされていたのですね。
サーモンも切り身でしか買わないし、バルビュはまな板からはみ出そうな程の大きさです。
今日は大満足な1日でした。しかも土曜日で仕事が少なかったので13時過ぎに終了!!!
こんなに早いのは最初で最後かな、きっと。
おかげで夕食までお出かけ♪185216(1).jpg

今日は魚デーに決定です。
いつもは魚をお皿の手前、付け合わせを奥・・・という
マンネリな盛り付けだけど、高さを出してみたら
ちょっと雰囲気が変わりました。



こんなの食べてます 

アシスタントの仕事は昼のまかない付。
と言うか、まかない作りも私たちの重要な仕事です。
シェフ、アシスタント、学校職員・・・全部合わせると結構な人数に。
地下調理場専属のシェフのもと、毎日違ったサラダ、メインを作ります。
フランス家庭料理を習ってる気分♪

102832(1).jpg昨日のメインはこれ。
牛ステーキと付け合せのラタトゥイユ。
これに別添えのソースが付きました。
日によって鶏肉や仔羊だったり、金曜日はだいたい魚です。
(キリスト教では金曜日は魚を食べる日らしい)
こうやって大皿に盛ったものを各自好きなだけ
取って食べます。
前菜代わりのサラダも結構凝っていて美味しい。
101224(1).jpgこれらにチーズとフルーツ、パンが付き、
午前中に製菓コースのデモがあるとその
おこぼれも貰えちゃう。
この日はマカロ~ン。
シェフたちはワインも必ず。
フランス人ですね~、昼からワインなんて!



こんな風に毎日結構豪華なまかない食べてます(*^_^*)



アシスタントの視点 

103626(1).jpgアシスタントの仕事。それは地下での仕込みと、
デモンストレーション時のシェフサポート。
「デモの方がいい!」というアシスタントもいる
けれど、今の私は地下派。地下だったら黙々と作業を続ければいいんだもん。
だけど、デモだとそうもいかない。
頼まれた作業をしながらも、耳だけはしっかりと開いてないとフランス語はさら~っと流れちゃう。
生徒さんの目もやっぱり気になるし。
「あのアシスタント気がきかないな」とか思われたくないよ~。
そんな訳で2時間半のデモは緊張の連続であります。
それなのに毎日デモが入ってる。はぁ・・・。(人によっては週2回だったりも)
先輩アシスタントに「チャンスだと思って頑張りな~」と言われました。
はい、頑張ります。

写真はデモ室で準備をしているシェフを撮らせてもらいました。
アシスタントはここからシェフの作業を見ます。
生徒の時とは違った視点。間近で見れるのはアシスタントの特権です。
早く慣れてこの特権を存分に活用しないとな。

163503(1).jpg今日は通常授業の後、招待シェフの特別デモ
があり、これも担当させてもらいました。
夫婦そろってシェフだという2人がいらして、
トルコ料理を披露。
じっくり見てる時間はなかったので作り方は全く分からなかったけれど、学校のシェフではない
方達との作業はとても良い勉強になりました。
終わった後、上級担当シェフが「シャンパンがあるから片付けたら飲みに来なさい」と言ってくれ、炭酸は苦手だけどせっかくなのでちょっとだけ。
生徒に出すときはたいていスパークリングワインなのに、こういう時はちゃんとシャンパン
なのね~。アシスタントはこういう特権もあるんだなぁ(^^♪



一週間を終えて・・・ 

月曜日がオフの日だったため、本日土曜日も朝から学校へ。
でもフランスに来て以来、あんまり曜日感覚がないから土曜日出勤もそんなに
苦じゃないかも。
今日の指揮官はいつもとは違うシェフでした。
そりゃそうだ、シェフだって休みたいですもんね。

1週間何事もなく、無事終了。
初めて1人で担当したデモの2時間半はとても長く感じたけれど、
全体的にはあっという間の1週間でした。
流れもだいたい分かってきたし、あと2ヶ月ちゃんと続けられそうです。
レストランのスタージュはもっとずっとずっと体力的にも精神的にも大変だろうなぁ。
学校を終えていきなりスタージュを始めるより、私にとっては良い選択だったと思います。

171655(1).jpg夕方帰宅して綺麗なお花を見ながらティータイム♪
すっかり日は長くなり、18時を過ぎていてもこの明るさ。
嬉しいですね。
これは日本にいる母が送ってくれたもの。
実は昨日誕生日だったので。
(特に何もしていないけれど・・・)
と言っても、つい先日まで自分でもすっかり忘れてました。年取った証拠かな?
春らしい色合いで部屋が明るくなりました。
せっかくのお花、見てもらいたいから誰か遊びに来て~♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。