スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TY BREIZ (ティ・ブレーズ) 

120303(1).jpgこちらはパリのクレープ屋さん『TY BTEIZ』
お友達が教えてくれました。
モンパルナス駅周辺にはクレープ屋さんが
たくさん。
クレープの本場ブルターニュ地方とパリをつなぐ列車が行き来する駅だからです。
その中でもこのお店はとても人気なのだそう。

122502(1).jpg


絵やオブジェなど海をイメージするものがいっぱいの
店内。すごく可愛いお店です。
店員さんもみんな明るくて感じがイイ!
そしてクレープの種類も豊富で選ぶのに迷っちゃう♪
あっ、さっきから散々クレープと言っていますが、
ガレット(そば粉のクレープ)がメインです。



123039(1).jpg 123115(1).jpg
チキンとキノコがいっぱいのクリーム系ガレット(写真左)&ラタトゥイユのガレット(写真右)
・・・だったかな? 記憶がもう確かじゃなくなってる~。
でも! すごく美味しかった事ははっきりと覚えています。
皮がパリッとしていて、ペロッといってしまいました。
本場ブルターニュで食べたものより美味しかった!
と言うか、こんなに美味しいガレットは初めてだと思った程。

130405(1).jpgもちろんデザート系のガレットも。これまた美味。
クレープやガレットってお腹いっぱいになったり、
飽きちゃったりして「デザート系のはもういいや」
となる事が多かったのに、
ここは最後まで美味しく頂きました。

帰りには塩バターキャラメルのお土産までついて
もう大満足。
あ~クレープ食べたくなってきましたぁ。

Ty Breiz
52, bd.de Vaugirard 75015
01 43 20 83 72

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学・ワーホリへ

みんなでお料理 第2弾 

先月やった公民館でのお料理会。(そのときの様子はこちら♪)
その第2弾を今月も開催する事が出来ました。
テーマは『赤ワインに合うおもてなし料理とハロウィンのテーブル』
今回はありがたい事に家族だけでなく、お友達も参加してくれたので、同じ内容のものを2回やりました。

001545(1).jpgハロウィンのようにイメージカラーやモチーフがはっきりしているものはコーディネートも簡単に出来るので、テーブルコーディネートを始めたいと思っている方にもピッタリです。
ただ顔のついたカボチャやキャラクターものを
使うと子供がいる場合にはいいけれど、
大人だけ、しかもワインと合わせるのには可愛くなりすぎてしまう可能性も。そのため全体の雰囲気でハロウィンっぽくなるように考えました。

   064028(1).jpg 072634(1).jpg 070154(1).jpg 144946(2).jpg
お料理は
アミューズ:洋ナシとブルーチーズのカナッペ
前菜 :栗のポタージュ
メイン :秋刀魚のムニエル 焼きリゾット添え
デザート :オレンジのフラン

前回同様、手に入りやすい食材で簡単かつ見栄えがするものを。
何度も試作をしたけれど、やっぱり教えるとなると難しいなぁと改めて感じます。
そして今回はいろいろと勉強になりました。
例えば栗のスープ。試作では美味しかったのに、本番ではイマイチ。
原因を考えると栗自体の甘みやおいしさが不足していて、他の野菜やブイヨンの味が強く
出てしまったのだと気づきました。
でも2回目の分も同じ栗を買ってしまっている。
少しでも美味しいものにするにはどうしたらいいか。
それをアレコレ考え2回目はレシピを少し変えたら、栗の甘みやコクは不足していたものの、栗らしい味はなんとか出ました。
常に原因と改良のための方法を考えるようにするのは本当に大切。
それが分かった事も大きな収穫でした。
改めて参加してくださった方、どうもありがとうございました!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学・ワーホリへ

マドレーヌ寺院のまわりには誘惑がいっぱい☆ 

155300(1).jpg 163048(1).jpg
ギリシャ神殿のようなマドレーヌ寺院。
この教会の周りには大好きなお店がいっぱいで、よく通いました。
と言ってもウィンドウショッピングがほとんどなんですけどね・・・♪

160704(1).jpg

まずはコンコルド広場からマドレーヌ寺院に向かって延びるロワイヤル通り。
この写真がちょうどその通りなのですが、
この向かって左側には有名食器店がずら~っと
並んでいます。


160246(1).jpg 160649(1).jpg
例えば写真のベルナルドやクリストフル。
他にラリックやアビランド、ビレロイ&ボッホなどなど・・・ 食器好きの人には大興奮の通り♪
デパートの食器売り場の方が敷居が低いし便利かもしれないけれど、ディスプレーの美しさや品数は路面店にはかないません。

161234(1).jpg
ロワイヤル通りの右側には人気のパティスリー、LADUREE(ラデュレ)があり、いつもすごく混んでいます。日本人もいっぱい!
(って私もそんな一人か・・・)
写真はLADUREEの車。
車もラデュレカラーで可愛いですね。


153606(1).jpg一方マドレーヌ寺院の後ろ側には美味しい
お店が連なっています。
まずは高級食料品店のフォション(写真)と
エディアール。
派手なピンクがイメージカラーのフォション。
色だけでなくディスプレーもちょっと奇抜だけど、独特なセンスにひかれます。
ここの商品(紅茶など)はお土産の定番ですね。
たくさんあるお惣菜もすごく美味しそうで食べてみたいと思いつつ、なかなか手が出せません。見て学ぶ専門(笑)

153932(1).jpg 154208(1).jpg
トリュフ専門店とキャビア専門店が隣同士に並んでいたりも。
なんと贅沢なのでしょう。

他に以前ご紹介したこちらこちらのお店もマドレーヌ寺院のまわりにあるので、
食器や食べ物に興味のある方はここら辺のお散歩をお勧めします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学・ワーホリへ

もうすぐハロウィンですね 

003919(1).jpg10月31日はハロウィン(Halloween)。
我が家の玄関にも小さなカボチャを飾りました。

でもハロウィンって一体どんな日?
ふとそんな疑問が沸いて、ちょっと調べてみることに・・・

ハロウィンとはキリスト教の万聖節(11月1日)の前夜祭。
万聖節は日本のお盆のようなもので、亡くなった人がこの日に蘇ると考えられているのだそうです。
魔女やお化けなどのコスチュームを着た子供たちが、白いカブをくりぬいて作ったランプ片手に「Trick or treat(お菓子をちょうだい、じゃなきゃ、いたずらするよ)」と言いながら
近くのおうちを1軒ずつ訪ねます。
ここでカブ?と思った方。
そう、どうやら元々はカボチャではなくカブでランプを作っていたようで、イギリスやアイル
ランドでは今もカブ。
アメリカではカボチャをくりぬいてランプにしているのですが、その理由が刻みやすかった
からだとか。

そしてこのハロウィン、英語圏の伝統行事だったと知り、パリの街中でハロウィンの飾り付けをほとんど見かけなかった事に納得がいきました。
日本の方がずっと盛んです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学・ワーホリへ

光あふれるパッサージュへ③ 

パッサージュレポもこれが最終回。今回は異国情緒あふれるパッサージュをどうぞ♪

182520(1).jpg 182309(1).jpg
まるでインド人街のような『Passage Brady(パッサージュ・ブラディ)』
一歩踏み入れると、そこには独特な雰囲気が漂っています。
ここのパッサージュのお店のほとんどがカレー屋さん。
どの店先にもお店のお兄ちゃんがいて、客引きの嵐・嵐・嵐。
いい加減うるさくて嫌になってきます。
でも外食がものすごく高いパリで、ここのカレー屋さんたちのお値段はとても良心的。
一度くらいここら辺で食べても良かったかも。

183617(1).jpg 183349(1).jpg
つづいて『Passage du Prado(パッサージュ・デュ・プラド)』
さっきのインド・パッサージュ(と勝手に命名)のすぐ近くにあります。
ここら辺は人種も街の雰囲気もパリの中心とは全然違うので、自分がどこにいるのか
一瞬分からなくなってきます。
このパッサージュは床屋パッサージュ。
おしゃれな美容室ではなく、いわゆる町の床屋さんが立ち並んでいました。
相場は男性で約1,000円と超格安。
やってる人もお客さんもアラブ人らしき人たちがほとんどです。

131703(2).jpg 132220(1).jpg 132357(1).jpg
最後に紹介するのは『Passage du Caire(パッサージュ・デュ・ケール)』
1799年に造られたパリ最古のパッサージュです。
この辺りはナポレオンのエジプト遠征の頃に作られたので、
通りや広場の名前にはエジプトに関するものがついているのも少なくないそう。
(パッサージュ名のCaireもカイロのこと)
このパッサージュがある建物の壁にはエジプト風の彫刻がありました(写真中央)。
ではこのパッサージュ、一体どんなお店が入っているのかと言うと、ほとんど服飾関連の
お店。最古なだけでなく長さでも一番のこのパッサージュは、生地屋に仕立て屋、マネキン
専門店などの問屋街となっているのです。

古き良きパリを彷彿させるパッサージュ。
出来た当時は最先端でも、デパートの出現により衰退していってしまいました。
それぞれに特徴があるパッサージュはウィンドウショッピングや散歩はもちろん、
屋根、壁、床と建築物としても見所がいっぱいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学・ワーホリへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。